Skip to main content

女神のように輝いていく

人って、目標や意図があると、そのとおりに自分の人生がそちらの方向へ導かれ、変化していきます。

 

美しい女性でいる、ということも、もちろん、どんな女性になりたいか、意識して日々を過ごせば、おのずとあこがれの女性像になれますよね。

 

男性でも、おなじで、意図的に、さわやかで、おしゃれなかっこいいダンディを目指す!と意図していれば、そうなりますよね。

 

和多志も大学生から社会人になってすぐのころは、あこがれの女優さんのようになりたいと、あこがれの女優さんのしぐさや雰囲気を観察して、自分もそうなれるように意識したこともあります。 あと、自分に似合う服や色を研究したり、鏡を見ながら笑顔を練習したり、おしゃれを楽しみながら、より魅力的になっていくように意識してきました。

 

そして、だんだん、自分の似合う色、自分を若くスタイルよくみせる色とデザインがある程度わかってくると、同じようなファッションスタイルになりがちで、マンネリ化してきますが、エネルギーを一新するために、ちょっと冒険して違うファッションスタイルを試着してみて、より魅力的になれると発見したら、新しいファッションも取り入れてエネルギーがいつも回るようにこころがけてきました。

 

そして、和多志は、あこがれの女優さんのように、という目標から、今度は、「年を重ねるごとに、女神のように美しく輝いていく」というマインドにセット切り替えていきました。 30代までは若さでなんとか美しく見せられても、40代から女性はだんだんと、生き方(食生活もエクササイズもメンタルも含めてトータルの『生き方』)と、心の在り方で顔とお肌としぐさと輝きは創られていくと思うので、ひそかに、そんな風に自分のマインドをセットしてみました。 ようするに自己暗示です。

 

いつもいつもさらに輝くことを意識して、おしゃれやお手入れを楽しんでいます。 もちろん、忙しさに埋もれて、疲れた顔になりがちでも、なるべく自分で気づいてケアしたり、だらっとしたエネルギーや見た目をリセットするように、おしゃれやお手入れで元氣に回復したり・・・

 

東京に昔住んでいた時に(2014年の夏)、とっても美人な魅力的なカラーコンサルタントさん(Norikoさん)に和多志に似合う色を診断してくださったことがありました。(彼女は現在、ご結婚されてオーストラリアに移住)


和多志も大学時代からは自分に似合う色やファッションを研究したので、どんな色が若く健康に見えて、どんな色が老けてくすんで不健康に見えるかだいたいわかっていたのですが、

カラーコンサルタント(イメージコンサルタント)さんが和多志に肩にそれぞれの色を合わせてみてくれて、やっぱり、若く健康に見える色、好きで来ていた色はどんぴしゃり合っていました。(笑)

カラーコンサルタントさんの診断で、和多志に合う洋服の色は、

スプリング 春のお花畑のような明るく鮮やかな色
ウィンター 強さと濃さのある原色系の色(華やかではっきりした原色)
ブライト 鮮やかで発色の良い色(生命力あふれる明るい色)

の3つで、ブルーベースのウィンターカラーやブライトが一番似合って、イエローベースのスプリングも似合う、という感じでしょうか。

 

並べられたカラーの布の写真は、その中でも特に似合う・若々しく見える・お肌があか抜けて明るく見える、と言われた色。


ウィンターカラーのフューシャピンクとか、ほんと大好きなんですが、これもなかなか売っていない色で、沖縄で、どんぴしゃりなフューシャピンクの色の布をゲットしてワンピースをつくりましたしね。

 

若く健康に見える色で好きな色の中でも、一番肌の色が透明感がでて綺麗に見えて、一番若返って見せてくれるいろが、明るいレモンイエローだということが、コンサルタントさんが一押ししてくださったことでわかり、レモンイエローのアイテムってなかなか日本では売っていない色なので、その後よく、レモンイエローの布を買ってワンピースを作っていました。

 

でも、コンサルタントさんの診断で、意外だと思ったのが、和多志は黒も似合うことでした。(黒って、実は、ウィンターさんにのみ似合う色らしい。)

そういえば、20代後半は黒ばかり着ていた時期もありました。(笑)

黒にキラキラシルバーのワンポイントアイテム、キラキラスパンコールがついたトップスとか。黒のきらきらビーズのトップスとか。 ちょっとクールビューティーなファッションも楽しんでいました。 (20代後半はクラブで踊りあかしていたからね~(笑)) このころは、パンツスタイルも多かったかな。 今はワンピースばっかり着てます(笑) 黒の出番がめっきり減りましたかね・・・。黒も似合うとわかったので、ゴージャスなセクシーな品のいい黒という使い方で取り入れようかなと思います。

 

コンサルタントでは、洋服の色を見てもらいましたが、メイクについては詳しく触れずに、その時はカルテをもらって、帰ってきました。

その後、洋服の色は研究しててわかってはいたけれど、メイクは何色が合うのかいまいちわからなくて、似合わない色も付けていたこともありました。

メイクは20代のころは、ブルー系、ライトブルー系も好きで使っていましたが、本当は似合っていなかったみたい。(母に下品に見えると不評でした。(笑))

しばらく、メイクはブラウン系でグラデーションにしてずっときましたが(母に好評だった・・・(笑))、飽きてきたし、イメージチェンジしたいと思って、

ちょっと色物にチャレンジしたいと思って、ピンク系にしてみたり・・・これはまあまあブラウンにも近いし、キュートさ&可憐さが増すイメージになり、合うかなと思いました。

 

そういえばと、カラーコンサルタントで診断していただいたカルテに、メイクのことも載っていたわ、と思い出して、写真を引っ張り出して、確認してみたら、和多志に合うのは、ライトグリーン系か、イエロー(ゴールド)系、そして、グレーということがわかりました。

それで、ライトグリーンと濃いめのグリーンに、ゴールドのアイシャドウを試したら、あれ?今までで一番似合う!?と自分でもはっきりとわかって、とても嬉しくなりました。(実はグリーン系は試したことがなかった・・・(笑)似合わないと思っていたので・・・)

 

やっぱりコンサルってすごく大事! コンサルしてくれた彼女に感謝。

 

それから、たまたまYouTubeで見つけた、このカラーコンサルの動画で、メイクのことについてとても詳しく解説されてて、このおかげで、ウィンターが似合う和多志は、眉はまっすぐめに描いた方が似合うことが判明。しかも和多志らしくより目力強く、華やかに若々しく見えるように。



今はやりのあか抜け眉っていう柔らかいカーブの眉にしたら優しくは見えるけど、ぼやーっとしてしまって、顔が大きく見えてしまい、なんだかしまりがない印象に・・・

なので、まっすぐきりりと描いた方が、小顔に見えることもわかりました。

それと、ウィンターの人は、パウダーファンデーションでマット肌に仕上げるよりもリキッドファンデーションでつや肌に仕上げるほうがいいとあって、実は、和多志自身もパウダーファンデーションは苦手で、何年も前からリキッドファンデーションでモイスチャーたっぷりに仕上げていました。これも合っていたんですね。

自分に似合うもの、より美しく見える方法がわかると嬉しいですよね。

皆さんもぜひ、カラーコンサル受けてみることお勧めします♪ YouTubeも参考になりますが、本当はプロに診てもらうのが一番いいと思います。 自分で気づかなかった、新しい自分の魅力、より美しく、より若々しく健康に見える色を教えてもらえますよ!

より魅力的により美しく変化すると、セルフイメージもあがり、幸運も引き寄せやすくなる♪ メイクとファッションって大事。
 
 
ちなみに、和多志は、化粧品もヘアシャンプー・トリートメントも、動物実験をしていない、優しい素材で作られた、オーガニック・ミネラル化粧品、ヘアケアを利用しています。 お肌にも動物・自然環境にもいいので、こういう選択は大事ですね!
 
 
ファッションの色、解説 ↓
 
 
こちらの解説も非常に参考になりました♪
 

Naomi Angel

五次元の世界へ飛んでいき、光の世界からビジョンを受け取って、天使やドラゴン、女神、人魚、妖精など、光の世界を描くエンジェル&ドラゴン・アーティスト。 生まれつき難聴、早稲田大学卒業。 左肩に天使のサインがある。 異次元や天界の美しい、やさしい、そして、カラフルな色彩を表現し、見る人の心を優しい気持ちに、華やかな気分にさせるアートの世界観を持つ。 絵を通して、世界中に天使たちの優しい愛のエネルギーがたくさん溢れるように活動中。 人間がなぜこの地球で生まれて生きていくのか、幸せの法則とはなにか、祈りが届けられるしくみ、引き寄せの法則のしくみ、魂のしくみをつづった、大好評の連載『魂のしくみ』シリーズがリクエストに応えて、書籍化☆2016年2月22日発行、アマゾンで発売中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です