Skip to main content

「魂のしくみ」番外: 「かごめかごめ」の歌は、アセンションの歌?

(Japanese only..)
■ お知らせ ■
非売品だったNaomi Angelの原画を特別に販売スタート!
【第1弾】 Naomi Angelの原画販売
【第2弾】 Naomi Angelの原画販売
いつもご訪問ありがとうございます♪ ブログランキングに、1日1回クリックよろしくお願いします♪
携帯電話・iPhoneの方はこちら→ 人気ブログランキング

あなたの毎日がいつもキラキラ・ミラクル・ハッピーでありますように♪ いつもありがとうございます♪
(※魂のしくみシリーズもくじはこちら。)
かごめかごめ
かごの中の とりは
いついつでやる
夜明けの晩に
鶴と亀がすべった
うしろの正面だあれ

「かごめかごめ」の歌は、実はアセンションを歌ったもの、という話を聞いたことがあるでしょうか?
「かごめかごめ」の歌は、検索してみると、歌詞がちょっとずつ違ったり、また、意味がいろいろあるようで、どれが本当なのかわかりませんが・・・
(怖いものもありますけれど)
でも、私は、これから紹介するお話が一番、おおおっと思うのです。
「かごめかごめ」の歌は、アセンションを意味するのでは? というお話については、
私は、「アセンション・プリーズ」というタイトルのバンクシア・ブックスの冊子でそのことを知りました。
ちょっと今手元にその冊子がないので、詳細まではちょっと思い出せないのですが、
ある会長さんがこの日本古来からある童謡「かごめかごめ」の歌詞の意味を考えていたところ、これはアセンションを意味する歌じゃないか?とひらめいた、というお話です。
えーっとですね、大体の歌詞の解釈は覚えてるのですが、詳細までちょっと覚えていないので、
そこから、私がさらに感じたこと、思ったことを加えて、書いてみたいと思います。
かごめかごめ
かごの中の とりは
いついつでやる
夜明けの晩に
鶴と亀がすべった
うしろの正面だあれ

籠目、籠目、籠の中(六芒星のグリッドに護られた地球の)十理(真理)は
いつ現れるのか
夜明けの晩に(夜と朝が同時に存在する、時空を超えた日に)
鶴(天)と亀(地)が統べった(二極が統一、二極のどちらかに偏るのではなく、中庸を生きるとき)
後ろの正面には誰がいると思う?(空間はすべてつながっており、クラインの壷のように、外側と思っていたものは内側に、内側と思っていたものは外側につながっている、後ろは実は正面でもあり、あなたの現象は私の心の現われであり、私の心の中にあるものはあなたという現象を現す。 つまり、あなたは私、私はあなた、すべてはひとつである。)

※籠目は六芒星のかたどるように網目が組まれていて、六芒星の形は、代表的な魔法陣。古来より神秘力を秘めた図形といわれ、とても強い結界をはることができるようです。
そして、地球の周りには、クリスタルグリッドと呼ばれる、透明なグリッドが張り巡らされていて、地球のエネルギーを護っているらしいのです。
これは、世界のあちこちで、霊感が強い人たち(とくに子ども)が目にしていて、都度修復しているらしいのです。 (まあ、これについては、「なにがみえてる」のブログや本で紹介されていますし、ブロガーのじぇいど♪さんがこのことを書いた後に、「ミムジー」という映画が公開され、そこにクリスタルグリッドのお話が出てきたりしました。)
こちらにも、籠目の写真と六芒星の図を載せて解説していますが・・
<抜粋>
六芒星(ろくぼうせい=hexagram ヘキサグラム)
正三角形△と逆三角形▽が合わさった星の形
「六芒星」は2つのピラミッド・パワーが集合した図形ともいわれる。
「男性性と女性性の融合」「霊体と肉体の結合」「火と水の結合」「光と闇の統合」など、相対するエネルギーの調和を表し、大宇宙を表すともいわれている。
別名「ダビデの星」「ダビデの盾」「ソロモンの封印」「ソロモンの印章」
現代のイスラエルの国旗にも使われている。
代表的な魔法陣。古来より神秘力を秘めた図形といわれ、とても強い結界をはることができるようです。
これは単にイスラエルだけでなく、曼荼羅や、伊勢神宮と鞍馬寺にもこの六芒星のマークが存在し、古くから世界のあちこちで使われていたようです。 そして、日本では、「籠目」という文様があり、竹編みの籠の編み目を図案化したもので、魔除けとしてこの図形を用いることがあったそうです。

※とり=とうり=十理 10は完結を意味する数字なので、十の真理→十理→すべての真理
※三次元では二元論で成り立っている。
二元論は善と悪(陽と陰など)、必ずひとつでは存在しえず、善の背中に悪があり、二極のどちらかに傾いても、相手を引き寄せる、わかりやすいたとえでいえば、正義感がとても強い人は、その正義を生かす問題を引き寄せる、常に戦う相手を引き寄せる、など。 正義感が「強すぎても」よくないのです。
また、問題が生まれれば、同時に解決方法も生まれるとも言われています。
二極の性質、それらは引き合うということ、そのことを知って、真ん中を生きる=中庸を生きると、意識が三次元より上へ上昇し、人生がうまくいく。
(中庸 = かたよることなく、常にかわらないこと。 過不足がなく調和がとれていること。 またそのさま。)
クラインの壷はこちら (クラインの例えは私の引用です。)
心の中の現象が現実世界を映し出す、とは、「魂のしくみ」シリーズでずーっと述べてきたことですが・・・
つまり、自分が接する相手の態度や現象は、自分の心の中にあるものがそのまま現れている、ということ。
わかりやすいたとえで言うと、幼少のときの、本当は、お父さん、もしくは、お母さんにいいたかったこと、してもらいたかったこと、してほしくなかったこと、それを解決せずに、ずーっと抱え込んで(ずーっと本音を隠してきて)、抱え込んでいることもいつのまに忘れて大人になり、別の人を相手に引き寄せて、同じ「その問題」を繰り返している、ということ。
つまり、幼少時代の「その問題」の解決のために相手を引き寄せている、ということ。
それに気づいて「ああそうだったのか!」と理解して手放してあげると、心の中にそれが消えているので、現象が変わるということ。
まさに、私はあなた、あなたは私、なのですね。
マヤ暦のカレンダーが2012年12月21日だか、22だか、23だかに終わっているのは(どの日なのか、なんかいろいろ説があるのでわかりません)、世界が滅亡するのではなくて、ひとつのサイクルが終わり、また新しいサイクルが始まるため、そこでカレンダーが終わっているようです。
(ここでも以前、NHKのドキュメンタリーの紹介とともに書いています。2011年11月11日 満月 & スターゲート (おまけ:マヤ歴 2012年12月23日)
また、その時空を超越する、という意味でもそこでカレンダーを終わりにしたのかもしれませんね。
サイキックで過去や未来、現在の状態をさぐるとき、そのアクセスする情報源を「アカシックレコード」と呼ばれますが、アカシックレコードでは過去も未来も現在も同時に存在するのですよね。 それがもしかしたら、「夜明けの晩」の意味を表すのかもしれない、と私は思っています。
便宜上、人間が時間を作り、過去と未来と今、という概念を作っていますが、実は、実際3次元に存在するのは、今この瞬間のみで、過去は記憶、未来はこれからくるもの、ですよね。
前に、魔法をかけるのは「今この瞬間しかない」とお伝えしましたが、今の自分の思考が未来の現象を作るのです。 (魔法=引き寄せの法則、イメージトレーニング)
今を生きる、というタイトルで、魂のしくみシリーズで書いたこともありますが・・ そちらもよかったらあわせて読んでみてください♪
もうひとついうと、五次元では、過去も未来も今も同時に存在します。
だから、体験したことのない他人の過去や、だれも知らない未来を、透視力などの力で辿ることができるのです。
もしかしたら、そのことをマヤの人も伝えたかったのかもしれない。
五次元はそんな時空を超えた世界だよ・・・って。
こんな話はいかがでしたか? 笑
好評の連載「魂のしくみ」シリーズがリクエストに応えて、待望の書籍化☆2016年2月22日発行!
魂のしくみ – こころがうるおう、やさしいお話 引き寄せの法則を紐解く魔法の本

いつもご訪問ありがとうございます♪ ブログランキングに、1日1回クリックよろしくお願いします♪
携帯電話・iPhoneの方はこちら→ 人気ブログランキング

あなたの毎日がいつもキラキラ・ミラクル・ハッピーでありますように♪ いつもありがとうございます♪
■ Naomi Angel’s Site Links ■
Naomi Angel オフィシャルサイト Naomi Angel’s Official WebSite
Naomi Angel アートオンラインショップ Naomi Angel’s Art Online Shop
Naomi Angel イベント情報 Naomi Angel’s Event Info
Naomi Angel オフィシャルフェイスブック Naomi Angel’s Official Facebook
■ Naomi Angel’s Twitter ■
日本語 Twitter アカウント @NaomiAngel7 (Only Japanese Language 日本語のみ)
English Twitter Account @NaomiAngel777 (Only English Language 英語のみ)

Please follow and like me フォローといいねをお願いします♪

Naomi Angel

五次元の世界へ飛んでいき、光の世界からビジョンを受け取って、天使やドラゴン、女神、人魚、妖精など、光の世界を描くスピリチュアル・アーティスト。 生まれつき難聴、早稲田大学卒業。 左肩に天使のサインがある。 異次元や天界の美しい、やさしい、そして、カラフルな色彩を表現し、見る人の心を優しい気持ちに、華やかな気分にさせるアートの世界観を持つ。 絵を通して、世界中に天使たちの優しい愛のエネルギーがたくさん溢れるように活動中。 人間がなぜこの地球で生まれて生きていくのか、幸せの法則とはなにか、祈りが届けられるしくみ、引き寄せの法則のしくみ、魂のしくみをつづった、大好評の連載『魂のしくみ』シリーズがリクエストに応えて、書籍化☆2016年2月22日発行、アマゾンで発売中。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Enjoy this blog ? Please share ! 楽しんでいただけましたか?ぜひシェアしてください☆

Facebook
Facebook
Google+
http://blog.naomiangel.info/?p=962">
Twitter
SHARE
Pinterest
LinkedIn
Instagram