Skip to main content

魂のしくみ 第25章 魂の声を聴く=ハイヤーセルフとつながる、ということ その2

(Japanese only)
いつもご訪問ありがとうございます♪
ブログランキングに、1日1回クリックよろしくお願いします♪ ↓

あなたの毎日がいつもキラキラ・ミラクル・ハッピーでありますように♪ いつもありがとうございます♪
魂のしくみ 第24章のつづきです。 (※シリーズ目次はこちら。 序章からずっと内容がつながっていますので、順番に読んでいただきましたら幸いです。)
「心の湖面」ということで、実は、不思議なシンクロがありました。
どんなことかといいますと・・
ジャッキー・チェンとジェイデン・スミスの映画「ベスト・キッド」が数カ月前(2010年の8月)に上映されましたが(もちろん映画館でも観たんですが)、その後、そのDVDを今年GW前にゲットして、群馬に持って行って、家族で見たんですね。
その映画の中にも、実は、「心の湖面」とリンクするシーンがあるんです。
(とても特別なシーンの一つなので、もったいない気もするけど、それでは説明にならないからねぇ・・笑 もしどうしても気になる人は映画を見てみてから続きを読んでくださいね。笑)
それはこういうシーンです。
強敵ないじめっ子たちと対等に試合で闘うことになり、修行を始めた幼いドレ(ジェイデン)は、師匠ハン(ジャッキー)に、中国の武術の発祥地である高い崇高な山(「武当山」ウータンシャン)に連れられて、修行&「龍の泉」を飲みに行きます。
「龍の泉」の部屋に辿りつく前に、ドレは、外のせり出した建物の装飾部分(なんていうんですかね、こういうの)に一本足で立って、コブラを相手に顔を左右にくねらす修行をしている女性をみかけます。
この写真がそう。
下は、崖です。とてつもなく高いです。


「武当山」ウータンシャンってこんな高い山で、その上に館が建っているのです。(私もいつか訪れてみたいところ。)


まったくフラフラもせず、この女性は高いところに一本足で立って修行をしているわけです。
それに感心しながら、奥の部屋へ行くと、龍の泉があり、
ハン(ジャッキー)が、龍の泉は、魔法の泉で、飲んだらどんな戦いにも負けないと言われている、と説明すると、
くいつくように、ドレは顔をつっぷして、その水をがぶ飲みする。
そして、顔をあげると、「さっきのコブラの女の人、見た? コブラの真似をしていたね。」とドレが言う。
ハンは「まだまだ観察が足りないな。 あれは、コブラが真似したんだ。」と答える。
どういうことなのかと首をかしげるドレに、ハンは、龍の泉の水面を指しながら、ドレに聞く。
ハン「ドレ、何が見える?」 ドレ「僕が映っている」
「では、これは?」とハンが泉の水面を指でかく。 ドレ「波で(僕が)ゆがんだ」
ハン「そう、さっきの女性は静かな水だ、
静かで波を立てない。

ここ(頭)も、ここ(胸を指して)も。
コブラは彼女の動きを自分の動きと思う。」
ドレ「鏡みたいに・・
ドレ「何もしないで、コブラを操れるの?」
ハン「何もしないのと、静かな状態とは違う。
こんなシーンです。
ここでも、水面が静かなときと波を立てたときを例えにして、「鏡」という表現をしています。
静かな水のように、静かで波を立てない。
映画では、もう一歩進んで、
頭も、心も、静かで波を立てない、静かな水の状態だと、エネルギーをも操れるようになると説明していますけれども、そのあとの修行のシーンで、ドレが「人を操る方法を教えてよ」というのですが、ハンが「操るべき人はただ一人だ」と答える。 具体的な答えを言わないが、シーンの流れから、その操るべき人は「自分」だとわかる。
(いやー、めっちゃくっちゃいい映画ですよね・・ 実は家族にも大好評で、母なんか、孫たちにDVDプレゼントしようと言ったくらいで・・笑 ← あ、すみません、余談でした・・笑)
まず自分の心を静かな状態に「操る」。 波を立てない、静かな水になることですね・・
瞑想の時もそうですね。 雑念がなくなり、無になった状態、すべてとの一体感を感じた時というのは、心も身体も静かな水のようになっています。
これが、ハンの言った、「何もしないのと、静かな状態というのは違う」ということなのでは、と思いました。
そして、そういった瞑想状態では、ハイヤーセルフととてもつながりやすく、メッセージを受け取りやすい。
私も瞑想状態の方が、より正確に、ビジョンとメッセージをつかみ、つながりやすいと経験しています。
映画の中で、ハンはあのコブラの技は一生かかっても習得するのは難しいと言っていましたが、
自分自身を静かな水のような状態に操れるようになれば、それが、極められていくと、周りのエネルギーをも操れるようになる、つまり、世界を創造していくということにつながっていくのだろうな、と、私は、そのシーンから、宇宙の法則を垣間見た気がしました。
(つまり、問題解決ができていく、ということ)
実はね、シンクロは「ベスト・キッド」のDVDを見たその5、6日後にも起きるんですけれども・・
ジャスティン・ビーバーの「Never Say Never」(ネヴァー・セイ・ネヴァー)の映画を5月8日に観に行きましたら、
なーんと、最後の大舞台で、ジェイデン・スミスが登場! 一緒にジャスティンと「Never Say Never」を歌うのです。 びっくり!
そして、帰ってきてから、You Tubeで見つけた動画、ジャスティンのPV「Never Say Never」に、ベスト・キッドのシーンがちりばめられていて・・ このシンクロは一体なに?と思わず笑っちゃいました。 そのすぐあとに、「Pray」という動画を見つけたのでした。
ベスト・キッドのシーンも入ったPV「Never Say Never」

もうすこし続くかしら・・?
好評の連載「魂のしくみ」シリーズがリクエストに応えて、待望の書籍化☆2016年2月22日発行!
魂のしくみ – こころがうるおう、やさしいお話 引き寄せの法則を紐解く魔法の本

「魂のしくみ」シリーズ まだの方は、ぜひ読んでみて下さいね♪ 今宇宙があなたに、知ってもらいたいメッセージです。 必要な方に届きますように。
「魂のしくみ」シリーズをもっとたくさんの方々に読んでいただけるよう、皆様にブログランキングのクリックしていただけましたら、幸いです!
よろしくお願いします♪

あなたの毎日がいつもキラキラ・ミラクル・ハッピーでありますように♪ いつもありがとうございます♪
■ Naomi Angel’s Site Links ■
Naomi Angel オフィシャルサイト Naomi Angel’s Official WebSite
Naomi Angel アートオンラインショップ Naomi Angel’s Art Online Shop
Naomi Angel イベント情報 Naomi Angel’s Event Info
■ Naomi Angel’s Twitter ■
日本語 Twitter アカウント @NaomiAngel7 (Only Japanese Language 日本語のみ)
English Twitter Account @NaomiAngel777 (Only English Language 英語のみ)

Please follow and like me フォローといいねをお願いします♪

Naomi Angel

五次元の世界へ飛んでいき、光の世界からビジョンを受け取って、天使やドラゴン、女神、人魚、妖精など、光の世界を描くスピリチュアル・アーティスト。 生まれつき難聴、早稲田大学卒業。 左肩に天使のサインがある。 異次元や天界の美しい、やさしい、そして、カラフルな色彩を表現し、見る人の心を優しい気持ちに、華やかな気分にさせるアートの世界観を持つ。 絵を通して、世界中に天使たちの優しい愛のエネルギーがたくさん溢れるように活動中。 人間がなぜこの地球で生まれて生きていくのか、幸せの法則とはなにか、祈りが届けられるしくみ、引き寄せの法則のしくみ、魂のしくみをつづった、大好評の連載『魂のしくみ』シリーズがリクエストに応えて、書籍化☆2016年2月22日発行、アマゾンで発売中。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Enjoy this blog ? Please share ! 楽しんでいただけましたか?ぜひシェアしてください☆

Facebook
Facebook
Google+
http://blog.naomiangel.info/?p=953">
Twitter
SHARE
Pinterest
LinkedIn
Instagram