Skip to main content

メディアの嘘を見抜く力をつける その1

いつもブログをご覧いただき、そして温かく見守ってくださり、ありがとうございます🥰
 
SNSには基本的にのほほーんとハッピー投稿をする和多志ですが、今回ばかりはのほほんとしていられなくて、かなり動いておりました。(米国・日本の主要メディアが報道しない海外の情報を調べては、Facebookでたくさんシェアしていました)
今日はその理由についてお話します。 いま世界で起きていること、皆さんにとって、何を選択するべきか参考になれば幸いです。
 
今回の米国大統領選の不正選挙の訴訟のゆくえは、実は日本にも大きくかかわってきます。
 
そして、日本のメディアが報じない部分がたくさんあります。
日本が井の中の蛙になってしまっているのを感じます。
 
和多志が海外情報を収集し、確固たるソース(ホワイトハウスのHPの大統領令、軍事裁判データ、大統領、政治家たち、弁護士たち本人のツイート、厚労省のサイト、医療サイト)から見ても、日本のメディアは真逆のニュアンスを報道しています。 アメリカの主要メディアもそうですが・・・
いくつも嘘だと発覚したメディアの報道を確認できています。

 
主要メディアの多くが民主党に買収されていて左派偏向報道になっているため、自分たちで調べざるを得ません。
コロナに関してもそうです。
 
アメリカのWHO脱退の理由について調べたときも、実は、アメリカだけでなく、ヨーロッパの議員の国会での発言や、アフリカの各国の大統領のツイートもチェックしたりしました。
これは単なる米国内の政党対政党の闘いではありません。
 
内モンゴル・チベット・ウイグル人が60年以上も文化と宗教と言語を奪われてきて中国化され、虐待と拷問をされてきたのに、日本ではほとんど報道されないで来てしまいました。
日本のメディアも買収されているのだなと思いました。
 
※誤解のないように、明言しておきますが、和多志は中国共産党のやり方について言っています。中国人が、ではありません。 素晴らしい良い中国人の方もたくさんいます。
 
和多志は10年前に内モンゴル・チベット・ウイグル人の方と直接会い、話を聞き、なぜ日本はこのことを報じないのだろうと不思議に思っていました。
(和多志も自分のこのブログに何度か書かせていただいたことがあります。)
 
彼らは、ネットも中国共産党政府に監視されていて、デモや革命という言葉を使うと、警察が自宅まできて連れていかれます。中国からはFacebookやTwitterにアクセスできません。中国内部から外国に助けを求めることができません。
そして、自分だけじゃなく、家族にも危険が及ぶので、声をあげることができません。
 
だから、第三の国の人が声を挙げるしかない、もしくは、当事者で声を挙げるときはもう死を覚悟している人たちです。
 
だから個人が声をあげ、日本でもデモが行われ、そして、ようやく日本のメディアが4~5年くらい前から取り上げてきました。しかし、2020年の今でも、周りの人に聞いてみると、いまだに内モンゴルと外モンゴルがなぜあるのかわからない日本人の方もいます。(和多志からしてみれば、本当にびっくりです。)
 
メディアは本当のことを報じない。
 
その流れを和多志は長いこと見てきています。
 
日本は知らされていないのです・・・
なぜなら中国政府は日本が欲しいから・・・。国民を眠らせている間にいつの間にか侵略する、みたいな動きになっています。
(あれ・・・鬼滅の刃のエンムみたいだ・・・(笑)←いや笑いごとではないか。 炭治郎の「目を覚ませ!!攻撃されている!!」は目覚めろ、真実を見極めろ、というサインでしょうか? 日本の武士道的な精神を揺さぶる鬼滅の刃が、今年大ヒットしたのは日本人の覚醒につながるのかも。と和多志は見ています。宇宙のシンクロの1つ。)
 
今回のアメリカ大統領選挙も単なる政党対政党の話ではないのです。
 
戦争がしかけられた仕組みを自ら調べて知っている人は(和多志は2003年ごろから知っています)、今回の選挙は、世界平和にかかわる大きな問題、日本にも降りかかる問題であると感じているし、だからこそ、アメリカ人も、ヨーロッパの各国の人も、不正選挙に声を上げています。
 
アメリカ国内の暴動も実はジョージ・ソロスがアンチファを雇ってしかけてることが、暴動に加わった複数の人たちの証言の動画がいくつか上がってきてわかっています。でも主要メディアはトランプ支持派がしかけてる、トランプのせいだと報道しています。
 
メディアが隠そうとしているものは何か、気づいていかなければなりません。
 
他にもあげたい理由はたくさんあるのですが、皆さん、エジソンの名前は聞いたことあるし、有名な発明家だと知っていますが、ところがテスラ博士のことを知らない人多いでしょう。
 
和多志は数年前に調べて知りました。
 
二コラ・テスラは実はエジソンよりも優れた才能を持った発明家でした。
 
たまたま、和多志が15年以上愛用しているホームエステ(サキナ)の高周波器具の名前がテスラーだったので、そこから調べました。
 
テスラ博士は蛍光灯をはじめ、いろんな発明をしていますが(米軍に頼まれ危険なものも作らされましたが)、一番の素晴らしい発明はフリーエネルギーです。
これは、その装置を設置したらもう、電気やガスに頼らなくて済むのです。
 
ところが、電気や石油業界の大富豪がそれを許すわけありません。
 
テスラ博士はその者たちの圧力を受け、最後には彼の発明、研究内容を盗まれ、功績をつぶされ、孤独死してしまいます。
 
だからエジソンのように名声残せなかったのです。電流バトルでエジソンに勝ち、エジソンより天才だったにも関わらず。
(しかもハンサムなのです。←そこ?(笑))
 
今ビル・ゲイツより資産を越え、億万長者になったイーロン・マスクのテスラ社はその博士に尊敬の意をこめるためテスラ博士の名前をとっています。
(彼はトランプ側についたとされますが、さて? 和多志もテスラ車好きなので、そこは気になるところ) 
 
その話を知ったときにやっぱり、邪魔をする組織がいるんだと、そして、戦争をビジネスにしている組織がいるんだなととても悔しく思いました。
 
トランプ大統領はその組織と闘っているのです。このループを終わらせようとしています。
戦争はビジネスだということを知ってるからトランプ大統領は戦争をしかけない。
だから歴代大統領で戦争仕掛けなかった大統領として称賛されているのです。
 
トランプ大統領は2021年のノーベル平和賞にノミネートされました。
 
日本の主要メディアはトランプ大統領をこぞって叩いて悪口を書いていますが、実際のところは、ほとんどがメディアの印象操作であり、嘘なのです。 次回、トランプ大統領が行ってきた素晴らしいことについて書かせていただきますね!
 
オバマ元大統領は、日本の主要メディアでも非常に良く評価されていましたが、実際は、7回も戦争を起こしましたので、和多志はとても失望しました。
これもメディアによって印象操作されていたと思いました。
 
もちろん、問題を問題、問題、問題とネガティブに意識するのではなく、本当に起きてることを知ったうえで、一人の国民として、一人の人間として、何を選択するべきか考え、
幸せエネルギーを地球に広げ、地球を幸せにしていくのです🌹💖🌏🌎🌍✨🌺
 
(ちなみに、和多志は海外に住んだこともありますが、これらのことは、実は日本にいるときに、語学堪能な日本人の親友が9.11の真相を真剣に調べたことを和多志に教えてくれたことから始まり、その後は自分でネットで英語で調べたり、外国人の友人から教えてもらったり、迫害を受けている国の当事者と直接話したり、ドキュメンタリーを観たり、戦争に派遣された当事者のスピーチを聴いたり、海外在住の日本人の方々のリサーチ動画など、様々な方法で学んできました。和多志の人生に関わったすべての方に感謝です。)
 

Naomi Angel

五次元の世界へ飛んでいき、光の世界からビジョンを受け取って、天使やドラゴン、女神、人魚、妖精など、光の世界を描くスピリチュアル・アーティスト。 生まれつき難聴、早稲田大学卒業。 左肩に天使のサインがある。 異次元や天界の美しい、やさしい、そして、カラフルな色彩を表現し、見る人の心を優しい気持ちに、華やかな気分にさせるアートの世界観を持つ。 絵を通して、世界中に天使たちの優しい愛のエネルギーがたくさん溢れるように活動中。 人間がなぜこの地球で生まれて生きていくのか、幸せの法則とはなにか、祈りが届けられるしくみ、引き寄せの法則のしくみ、魂のしくみをつづった、大好評の連載『魂のしくみ』シリーズがリクエストに応えて、書籍化☆2016年2月22日発行、アマゾンで発売中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です