Skip to main content

神様は植物という薬を用意してくれている (じんましんを治す食材)

皆さん、こんにちは!

またまた長らく更新が開いてしまいました!

実は5月は壁画と、クライアント様からのグラフィックアートのご依頼を二点、合計3つの仕事を受けていて、とても忙しく過ごしておりました。

その後、6月は実家の群馬に10日間ほど、そして東京に4日間滞在しました。

5月下旬にスーパーのお惣菜のキチン南蛮を食べた翌日にじんましんが出て、その時は少しだったので、りんごとごぼうとそして、大根を食べまくって収まったのですが、

6月関東にいるときは今度は、すごいじんましんがでて、トータル10日間ほど次から次へと新しい湿疹がでて膨らんで大変な状態でした・・。

6月10日に実家のバーベキューで鶏肉とエビを食べて、翌日にじんましんがぷちぷちっと出て、りんごとごぼうを食べつつも、13日に東京に移動し、そこでお肉は食べないようにしていたけれども、エビやイカ、たまごを食べて、ぶわっと帯状疱疹っぽいじんましんが出て、もうお肉も魚介類もだめかもと野菜だけにしていましたが、どうやら、安い油(サラダオイル)にも反応するらしく、フライドポテト食べた翌日もぶわっとでました。

でも、今は食事によるデトックスで新しい湿疹も出ず、回復に向かっています。

今回、何が原因でじんましんが出たのかわかりませんが、おそらく、不規則な睡眠時間と生活で体調が乱れたのかもしれません。あと、久しぶりに鶏肉たくさん食べたというのもあるかもしれません。

アート製作を3つかけもっていたこと、そして、コロナパンデミックの裏で起きている真実の追求をしていたことで、睡眠不足になり、体が無理をしていたのだと思います。

あとは、2020年の夏至はゲートが来ていて、エネルギーシフトが起きていたというのもあるかもしれませんね。

実は、和多志(「わたし」をこれからこのように表現しようかなと思っています♪)の周りの電化製品が壊れるという現象が立て続けに起きていました。

人間のエネルギーが強くなると電化製品に反応するらしくて、今回スマートフォンが調子悪くなって初期化をしたものの、ときどき変になるので、買い替えることになったし、パソコンの外付けハードディスクドライブがつながらなくなって、新しいハードディスクドライブを新調し、古いものをデータ復旧で修理に出すことになったし、実家でも、実家のアイロンや掃除機を私が触ると調子が悪くなったり・・・ 家族が触ると元に戻ったり・・・ 変な現象が起きていました。(ここまで立て続けに電化製品が調子悪くなるのも人生で初めてかも・・・)

それでここにきて顔以外の全身じんましんになり・・・

夏至を目前に、これらが重なるということは、自分のエネルギー体もDNAもバージョンアップするため?に変化が起きているのだろうか? と思ったり・・(笑)

でも 、2年前にじんましんになったときに調べてわかったことは、

体の中のヒスタミン酸が過剰に発生して体の中の毒素を皮膚から排出しようとして、ふくらみ、水ぶくれになるということ。

ところが、病院や薬局で処方されるのは抗ヒスタミン剤なので、ヒスタミン酸を抑えるというしくみ。

でも、それは根本治療にならないなと思って(体内にまだ毒素があるまま抑える、ということになる)、では、体の中の毒素を皮膚経由ではなくて、排泄で体の外に出せばいいと考え、

デトックスする食べ物を調べたところ、りんごとごぼうがいいと判明。だいこんはタンパク質を分解する働き&無毒化する働きがあるので、だいこんもプラスアルファで効果的。

以前もりんごとごぼうを三日間くらいつづけて食べるとじんましんが収まった。

ただし、かつて1年半ほどじんましんだった弟の話によると、安い油でもじんましんが出ることもあるらしいので、すでにお料理された市販のお惣菜のきんぴらごぼうはあまり効果なくて(油は恐らくサラダオイル※を使っているため、逆に出てしまう。あと、添加物もあるだろうし・・・)、自分でオリーブオイルもしくはごま油で丁寧につくったきんぴらごぼう、もしくはけんちん汁がいいとわかりました。

関東から沖縄に帰ってきてからごぼう料理とリンゴとだいこんを食べ、ようやく新しいじんましんや湿疹は出ず、終息に向かっていると感じられました。

皆様もご参考までに♪

※なぜサラダオイルがよくないかというと、サラダオイルは酸化しやすいから。使いまわしたサラダオイルだとすでに酸化している可能性があり、じんましんは皮膚が酸化状態になっているとでるらしい。(マクロビの辞書より)

オリーブオイルは酸化しにくいので、ベスト。

酸性を中和するのに、アルカリ性であるうめぼしもいいみたいですね!

こちらもすごく参考になります。 この間調べて見つけたサイトです。

毒を包み込んで体内に吸収されないようにする植物、分解して無毒化する植物、そして、体外へ排出する植物、と働き方も違っていて、参考になります。

★毒出し作用がある代表食材10種
http://www.minamitohoku.or.jp/kenkokanri/200611/detox.htm

毒出し食材には大きく分けて3つのタイプがあります。  

1 体内の有害物質を包み込んで吸収させなくする食材です。硫黄化合物を含む長ねぎ、にら、玉ねぎ、にんにく等が代表です。

2 有害物質を無毒化するのを助ける食材。ブロッコリーやカリフラワー、キャベツ、大根などのアブラナ科の野菜が挙げられます。また、無毒化するミネラルであるセレニウムはにんにく、長ねぎ、玉ねぎ、海藻類に多く含まれます。

3 有害物質の体外への排出を促す食材。食物繊維を多く含むリンゴやごぼう、きのこ類、海藻類などが挙げられます。

植物ってすごいですね! 神様はすでに治療につながる植物を地球に創造してくださっているのですね~♪

デトックスにいい食材として、動物性や魚介類がないのはやはり不思議なものです。。

Naomi Angel

五次元の世界へ飛んでいき、光の世界からビジョンを受け取って、天使やドラゴン、女神、人魚、妖精など、光の世界を描くスピリチュアル・アーティスト。 生まれつき難聴、早稲田大学卒業。 左肩に天使のサインがある。 異次元や天界の美しい、やさしい、そして、カラフルな色彩を表現し、見る人の心を優しい気持ちに、華やかな気分にさせるアートの世界観を持つ。 絵を通して、世界中に天使たちの優しい愛のエネルギーがたくさん溢れるように活動中。 人間がなぜこの地球で生まれて生きていくのか、幸せの法則とはなにか、祈りが届けられるしくみ、引き寄せの法則のしくみ、魂のしくみをつづった、大好評の連載『魂のしくみ』シリーズがリクエストに応えて、書籍化☆2016年2月22日発行、アマゾンで発売中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial
error

Enjoy this blog ? Please share ! 楽しんでいただけましたか?ぜひシェアしてください☆

LinkedIn
Share
Instagram