Skip to main content

アラビアン・ビューティー スマートフォンカバーご注文承ります♪

お待たせしました!

 「アラビアン・ビューティー」のスマートフォンカバーができました♪

まだショッピングカートには載っていないのですが、個別にご注文承ります。

ほしい方は直接わたしにご連絡くださいね!

master★naomiangel.info ★を@に

それぞれ、S~Mのサイズは3000円、Lサイズは3400円、送料は350円です。

従来と違ってカードホルダーが一つになりますが、貼り付けるところのシートはしっかり縫い付けられているので剥がれにくい丈夫な仕様です。

iPhoneも大きいサイズ “Plus”が付くタイプなどは3400円ですが、その他の通常サイズは3000円です。(送料は350円) iPhoneXは3100円です。

iPhone専用のカメラ穴固定タイプもあります。

今回、孔雀の羽、豹の模様(毛皮という意味じゃないので、あしからず。(笑)豹を丸ごと描くのではなくて生命力溢れる模様をいれたかったのです。)そして花をいれたかったのですが、この組み合わせでここまでのデザインに仕上げるまで描き直しを繰り返して、やっと出来上がった作品です。

紫の水連は、古代エジプトの北エジプトのほうの王国のシンボルだったようです。
私も、過去生で古代エジプトでの人生のとき、宮殿の中庭にホワイトベージュとか、薄いサンド色みたいな四角い石を敷き詰めてつくられた、長方形の池があって、そこに水連の花が咲いていたのを覚えています。

ここからの話は余談なのですが、

本当は、最初は生命力あふれるタイトルとして、「アマゾン・ビューティー」というタイトルにしようと思ったのですが、実は、ブラジルのアマゾンって後からつけられた名前で、アマゾンというのは、もともとは、ギリシャ神話にも登場するのですが、アマゾーン(アマゾネス)部族のことで、女性のみで形成された強い軍隊が作られていた、実在の部族で、黒海沿岸の他、アナトリア(小アジア)や北アフリカに住んでいたとされている部族のことなのです。
いろんな説はあるけれども、近年、考古学的発掘により、当時、アマゾン海と呼ばれていた黒海沿岸には、女戦士が多数存在していたことが明らかになっていて
この地域で発見された墓から、剣や弓などが副葬された女性の骨が多く出土されているとのこと。

映画「ワンダーウーマン」の中でワンダーウーマンの出身地、アマゾネス部族が出てきますが 、つまり、この伝説のアマゾーン/アマゾネスのことを指すんですよね。

それで、アマゾン・ビューティーと名付けると、今の地球の人類で(笑)、アマゾンというと、ブラジルの亜熱帯雨林(ジャングル)を想像するのが大半だと思います。アマゾンといって黒海沿岸のアマゾネスなんて気づく人相当少ないはず・・・。

そして、さらに、アマゾンのジャングルには孔雀はいないのです・・・(笑) クジャクってアジアを中心に生息している鳥だったんですね。

今回私は孔雀の羽をどうしても描きたくて、それと豹と花も入れたかったし、と、でも、アマゾンを調べたら、アマゾネス部族のことがわかって、ブラジルのアマゾンは後付け、もともとは、黒海や北アフリカ、アナトリア(今のトルコ)のあたり、つまり、北アフリカってことは、古代エジプトも被っている可能性もあるのです。

出典:
https://www.y-history.net/appendix/wh0101-023.html

アマゾン・ビューティーと名付けるとたぶん、みんなブラジルのアマゾンを連想すると思うので、孔雀はアマゾンの森にいないし、偶然にもアマゾネス部族の話にたどり着いたので、そしたら、このデザインは「アラビアン・ビューティー」がいいかなと思いいたったわけです。 そして、古代エジプトのシンボル、紫の水連をいれたのです。

つまり、頭の中で「アマゾン・ビューティー」と響いていたのはサインだったのです。

「アマゾネス・ビューティー」でもよかったかなとも思ったりもしましたが(笑) でもまあ、アマゾネス部族のことを意味しているわけでもなかったので・・・(実は話大げさになっているともいわれているのですが、アマゾネス部族は結構激しい部族だったようです。(笑))

まあ、タイトルのネーミングの裏にはこんないきさつがありました。

追記(2019/9/14):
孔雀の羽ですが、こちらもシンクロがありまして、 孔雀はアジアを中心に生息しているのですが、ギリシャ神話ではゼウスの奥さん、ヘラという女神の乗り物は孔雀が引いているという話があったり、孔雀の羽の目の模様は全知全能を意味していたり、キリスト教では教会を意味していたり、また、不死鳥に似ているので「不死」のシンボルであったり、 中国では富と繁栄を意味したり、と、なかなか素敵な意味が込められているようでした。

Please follow and like me フォローといいねをお願いします♪

Naomi Angel

五次元の世界へ飛んでいき、光の世界からビジョンを受け取って、天使やドラゴン、女神、人魚、妖精など、光の世界を描くスピリチュアル・アーティスト。 生まれつき難聴、早稲田大学卒業。 左肩に天使のサインがある。 異次元や天界の美しい、やさしい、そして、カラフルな色彩を表現し、見る人の心を優しい気持ちに、華やかな気分にさせるアートの世界観を持つ。 絵を通して、世界中に天使たちの優しい愛のエネルギーがたくさん溢れるように活動中。 人間がなぜこの地球で生まれて生きていくのか、幸せの法則とはなにか、祈りが届けられるしくみ、引き寄せの法則のしくみ、魂のしくみをつづった、大好評の連載『魂のしくみ』シリーズがリクエストに応えて、書籍化☆2016年2月22日発行、アマゾンで発売中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Enjoy this blog ? Please share ! 楽しんでいただけましたか?ぜひシェアしてください☆

Facebook
Facebook
Google+
http://blog.naomiangel.info">
Twitter
Pinterest
LinkedIn
Instagram