Skip to main content

平成と令和 人の心を動かす在り方

昨日で平成最後、本日は令和元年。
昨日と今日は行く年くる年な気分になり、新たに自分のビジョン・展望を明らかにし素敵な時間を過ごさせていただきました。

上皇陛下の最後のご挨拶と、平成最後のお誕生日のメッセージの動画を昨夜平成から令和へ切り替わる前に拝見しまして、涙がとまりませんでした。

まだご覧になっていない方はぜひともご覧くださいませ。

戦争に負け、憲法がアメリカ政府(GHQ)の思惑と日本の抵抗(白洲次郎さんをはじめとする日本政府関係者たち)が交差して設立されたとき、「天皇陛下」は日本国民の象徴になり、事実上実際の政からは退かれましたが、

上皇陛下が「日本国民の象徴」として何ができるかを模索され、
毎日祈りを真剣に捧げられてきたということが
このご挨拶からわかるくらい、
全身からエネルギーがほとばしってて、
出だしから私は涙があふれて止まりませんでした。

こう言っては失礼ですが、心がこもっていない阿部さんの棒読み的な挨拶とはコントラストがありすぎて、本当に違いがありすぎて(笑)、
上皇は本当に常に私たち国民に想いを寄せ、私たち国民のために日々祈りを捧げてこられてきたというのが伝わってきて泣けました。

戦後からだいぶたって生まれた私や私の世代(おそらくそれ以降の若い世代たち)はさほど「天皇陛下」という存在に意識を向けてこなかったと思うのですが、

それでもこのご挨拶を拝見して、涙があふれるほど、

ああ、祈りを捧げてきた方の声のトーンと立ち居振る舞い、在り方というのは、まさに上皇のような方だろうなと感動しました。

まさに素晴らしい「象徴」として上皇上皇后両陛下は任務を全うされたのだなと感激した平成最後の夜でした。

そして、いままで、その真剣に祈ってくださっていた上皇上皇后両陛下の想いにそこまで意識を向けなかった自分が申し訳なく感じました。

ご挨拶のあと退席されるとき、振り返って美智子様の手を引いて差し上げた姿も感激しました。
素晴らしいご夫婦でまさに日本のお手本だなぁと思いました。

美智子様もご結婚前相当迷われたらしいけど、当時通われていた聖心女子大学の学長に相談したら「あなたの使命は日本国民と日本の国の為に祈る事です。それがあなたの使命です」と言われてそれで自分の役目は日本と日本国民のために祈り続けることだと悟って結婚決められたらしいです。

私と同じ年の友人が今年の4月に皇居ご奉仕に参加し、実際に上皇上皇后陛下にお目にかかることができたそうなのですが、彼女も同じくそこまで上皇・上皇后陛下について意識したことはあまりなかったそうですが、ご本人たちを目の前にしたら、そのエネルギーのすばらしさに涙があふれて号泣状態だったそうです。

在り方が素晴らしい方というのは、言葉を発しなくとも、エネルギーでオーラで人の心を動かしてしまうんでしょうね。

意外と知られていないと思うのですが、
天皇陛下は日々国民のために祈りをささげてこられた方なのです。

元アナウンサーでジャーナリストの櫻井よしこさんのブログにそのことが書かれています。
https://yoshiko-sakurai.jp/2011/01/13/2322

報道される皇室関係のニュースでは、「一般参賀や地方訪問でのお手振り」などが皇族の仕事だと考えがちだが、実際は全く異なる。もっと重要な、国民の幸せのための祈りは皇室の私的行事と位置づけられ、殆んど報じられない。しかし、国民に伝えられない祈りこそ、皇室が常に最重要視し、自らの存在意義としてきた重要な活動なのである。

(中略)

今上天皇は、新聞もテレビもあまり報じないこうした古代の祭祀を非常に大切になさるという。自らを慎み古式の装束での祭祀は年間30回を超えるそうだ。それを忙しい「公務」の間に手抜きもなさらず、とり行っておられる。かつて天皇は日本のまつりごとの主宰者だった。まつりごとは「祭り」であり「政」だった。


https://yoshiko-sakurai.jp/2011/01/13/2322

そして、こちらは美智子様のご結婚前のエピソード

シスターが語る美智子皇后結婚秘話、美智子様がまだ迷っている時に学長様が仰った一言とは
https://ameblo.jp/k-konnothalasso/entry-12454926626.html

鈴木秀子先生は聖心女子大学で美智子皇后様とご学友です。
鈴木先生の妹さんは皇后様と大学で同級生でした。名簿がアルファベット順だったのでいつも3人で並んで親しくさせていただきました。

聖心女子学長はアメリカ人でした。終戦後の高等教育の為にミッショナリーとして日本にいらっしゃた方でした。お育ちも良く、教養も深く素晴らしい方でした。あういう学長様の元で大学生活を送れたのは幸せの一つです。

その時、忘れられないことはちょうど皇后様に天皇陛下とのご縁談があったとき、美智子様がまだ迷っている時に学長様が仰った一皇后様に天皇陛下とのご縁談があったとき、美智子様がまだ迷っている時に学長様が仰った一言が決め手になったと聞いております。

そして今は確信を持って振り返っています。
学長のマザブリットは出来るだけに他の人の幸せを祈り、他の人の為に尽くすという事をモットーとしていました。戦後日本の為に力を尽くし日本の為にどうしたら良いかを常に考えていました。

そして皇后様に対して、皇后様がまだお迷いなっていらっしゃる時、マザブリットは一言こう言いました。

「あなたの使命は日本国民と日本の国の為に祈る事です。それがあなたの使命です」とおっしゃったのでした。その言葉を聞いて美智子様がご結婚を決断なさったとお伺いしています。


シスターが語る美智子皇后結婚秘話、美智子様がまだ迷っている時に学長様が仰った一言とは
https://ameblo.jp/k-konnothalasso/entry-12454926626.html

こんな素晴らしい国に生まれて本当によかったと思いました。
心から上皇・上皇后陛下に感謝し、新しい令和の時代を迎え、私もできるかぎり、在り方で人の心を動かせる人間に近づいていこうと思いました。
ありがとうございます。

Please follow and like me フォローといいねをお願いします♪

Naomi Angel

五次元の世界へ飛んでいき、光の世界からビジョンを受け取って、天使やドラゴン、女神、人魚、妖精など、光の世界を描くスピリチュアル・アーティスト。 生まれつき難聴、早稲田大学卒業。 左肩に天使のサインがある。 異次元や天界の美しい、やさしい、そして、カラフルな色彩を表現し、見る人の心を優しい気持ちに、華やかな気分にさせるアートの世界観を持つ。 絵を通して、世界中に天使たちの優しい愛のエネルギーがたくさん溢れるように活動中。 人間がなぜこの地球で生まれて生きていくのか、幸せの法則とはなにか、祈りが届けられるしくみ、引き寄せの法則のしくみ、魂のしくみをつづった、大好評の連載『魂のしくみ』シリーズがリクエストに応えて、書籍化☆2016年2月22日発行、アマゾンで発売中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Enjoy this blog ? Please share ! 楽しんでいただけましたか?ぜひシェアしてください☆

Facebook
Facebook
Google+
http://blog.naomiangel.info">
Twitter
Pinterest
LinkedIn
Instagram