Skip to main content

英語を話す力=人生が豊かになり、日本を豊かな強い国にする

今日は、英語の勉強についてのお話。

私個人的には、英語を話せる、多言語が話せる日本人がたくさん増えていってほしいなと思います。 それが個々の人生を彩りよくし、しいては、日本を豊かにし、強い国にすることにつながるから・・・・

私は、世界の情報を早くゲットするには、英語はわかるようになったほうがいいなと強く感じています。

日本語にはないニュース、日本に流れないニュース、世界の出来事、これまでの人生で英語を通じてたくさん遭遇してきましたので・・・
ここブログにも数回紹介してきました。

英語が話せるようになると旅行や現地に住んだときが楽しいし、世界の共通言語ということもあって、より多くの世界中の人と話ができるようになるし、
英語話せた方が自分の人生が彩り豊かになります。

いろんな国の人と交流できるようになるので、価値観と視野が広がります。

また、交渉の場では機械を通してよりも、自分の声と言葉で交渉した方が成立しやすいと私も思います。 自動翻訳械は正確には通訳・翻訳できていないですしね・・・。

それに、日本は高齢化少子化が進んでいき、海外と密接にかかわっていかなければならないので、英語が必要になってきます。

それなら、通訳者を雇えるようにすればいいのでは? という考えもあるかもしれませんが、自分の伝えたいニュアンスが伝わっているかどうか、通訳者によっても解釈が違うので(これはもう通訳者の育った環境、価値観、人格形成によるもの)、簡単な文面、簡単な言葉ならそのまま伝わりますが、言いたいことを伝わるようにするのに、また、ちゃんと伝わっているかどうか確認できるようにするには自分も話せるようになっておきたいと私は思っています。

洋画を観ていると、字幕と実際の話している英語の表現が違うこともあり、あのニュアンスならこう訳したらもっとよかったのに!と感じることが時々あったり・・・劇場での字幕とDVDでの字幕が違って、劇場の方がぴったりだったなと思ったり・・・(笑) 細かいことですが・・・(笑)

海外での契約もそうですね。自分が重要事項確認できる力も身に着けておきたいです。
不動産投資などは、海外の方が日本よりリターンが大きいものもありますので、英語ができるようになっていたほうが心強いと思います。

アメリカに留学した時に、新車を買ったときに契約書にサインをするのですが、内容がわからないまま、ディーラーにすすめられるがままにサインをどんどんしていって不安な気持ちになったことがありました。(笑) 実際は問題はありませんでしたが、内容がわからずサインをするというのは、怖いことだと思いました。 契約書は膨大な量だけれども、重要な箇所は理解できるようにしたいとその時に思いました。
その後帰国してからは、外資系の会社に勤めたり、国際色の強い職場に勤めたときに、雇用契約書が英語だったので、全部読んでからサインをするようになりました。

以前ドラマ「先に生まれただけの僕」で、英語の先生の生徒への回答に、なるほど、確かに!と大変共感したので、シェアさせていただきますね。

生徒「今後、自動翻訳機が発達して、しゃべったことをそのまま翻訳してくれる機械ができる。英語を勉強する必要がないんじゃないでしょうか?」

英語教師「僕の考えをいいます。日本は高齢化少子化が進み、2060年には今より40%も労働人口が少なくなります。海外進出をして事業展開しなければいけないし、日本国内においても海外の労働者を確保する必要があり、海外と深く関わらざるを得なくなっていくのです。また、世界の情報をいち早く得なければいけないが、情報の半分以上が英語です。それが英語を勉強する理由です。」

私個人的には、英語を話せる、多言語が話せる日本人がたくさん増えていってほしいなと思います。
それが日本を豊かにし、強い国にすることにつながるから。

日本の学校教育の英語の教え方が身につかない教え方だからという問題もありますよね。なんかもっと生きた英語を楽しめるカリキュラムになってほしいと思います。あまりにも紙面上の勉強方法なので・・・
もっとロールプレイ的な、英会話をふんだんに盛り込んだ授業にしたり、英語劇を取り入れてみたり、英語で自分の意見を発表したり、楽しめる方法を授業にいれてほしいと思います。

あと、自分の頭で考え、自分の考えを持ち意見を言える人間に育てるというカリキュラムになっていないのもコミュニケーション能力を育てられない原因になっていると感じます。日本の義務教育は「記憶」中心なので・・・

かくいう私も、学生時代のようにこつこつ勉強するのは私も楽しめないし、環境がそうならないとなかなか身につかないので(笑)、意識的にたくさん洋画観たり、英語を話す友人と英語で交流したり、SNSに英語で投稿したり、海外に長期滞在したり、楽しみながら修得しています。
最近は投資の本を英語で読み始めました。

私もまだまだ英語未熟ですが、ビジネスで通じるくらいまでにはなりました。 もっと美しい表現ができるようにさらに楽しみながら英語を磨いていきたいと思います。
難聴で補聴器をつけている私が、英語をここまで話せるようになったのは、実は、間違ってもいいからとにかく話してみる、ということを繰り返しやってきたからです。
日本人が英語を話さなくなる原因のひとつに、完璧主義なところがあり、間違ったら恥ずかしいと話そうとしなくなる姿勢が語学力を妨げています。

間違ってもいいのです! なんちゃって英語ネイティブの人でも英文法間違っていることもあります!(笑) というか、国によっては文法めちゃくちゃなところもあります。(笑) とにかく話すことを恐れず、楽しみましょう♪

Please follow and like me フォローといいねをお願いします♪

Naomi Angel

五次元の世界へ飛んでいき、光の世界からビジョンを受け取って、天使やドラゴン、女神、人魚、妖精など、光の世界を描くスピリチュアル・アーティスト。 生まれつき難聴、早稲田大学卒業。 左肩に天使のサインがある。 異次元や天界の美しい、やさしい、そして、カラフルな色彩を表現し、見る人の心を優しい気持ちに、華やかな気分にさせるアートの世界観を持つ。 絵を通して、世界中に天使たちの優しい愛のエネルギーがたくさん溢れるように活動中。 人間がなぜこの地球で生まれて生きていくのか、幸せの法則とはなにか、祈りが届けられるしくみ、引き寄せの法則のしくみ、魂のしくみをつづった、大好評の連載『魂のしくみ』シリーズがリクエストに応えて、書籍化☆2016年2月22日発行、アマゾンで発売中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Enjoy this blog ? Please share ! 楽しんでいただけましたか?ぜひシェアしてください☆

Facebook
Facebook
Google+
http://blog.naomiangel.info">
Twitter
Pinterest
LinkedIn
Instagram