Skip to main content

通貨の未来

皆さんこんにちは!

今日は未来の通貨について書いてみたいと思います。

今やCMなどで、仮想通貨ビットコインの販売所のコマーシャルが流れていることもあって、仮想通貨のことを聞いたことがある人は多いと思います。

実は仮想通貨は日本での通り名らしくて、もともと本来は暗号通貨といい、英語では暗号通貨をCryptocurrency(クリプトカレンシー)と言います。 世界では暗号通貨=Cryptcurrencyと呼ばれています。

暗号通貨はデジタルの通貨で、いわゆる円やドル、ユーロなどの法定通貨のお札やコインと違って物理的には存在しないけれど、デジタルの中で存在する通貨です。 ブロックチェーンという暗号システムをつかって、どこからどこへどのくらいの暗号通貨が流れていっているのかが誰にでも見える状態に記録されていく通貨です。

法定通貨だと、あるお金が誰から誰へ渡ったかは記録できませんが、暗号通貨だとそれができてしまう、ということです。

つまり取引が透明化された通貨システムなのです。

日本で仮想通貨となぜ呼び始めたのかわかりませんが、仮想通貨だと仮の通貨で実態がないようなイメージがあって初めて聞いた時には私もなんだか怪しいなと思っちゃいました。(笑) 暗号通貨という呼び名の方が本当は技術的にも表現に的を得ていてしっくりくる感じがします。

なので、私もこれからは暗号通貨と呼んでいこうと思います。

2019年の今、暗号通貨は1500種類あって、代表的なのはビットコインやイーサリアム、リップルなどです。

それぞれ開発者がいて、発行上限数も違い、システムや技術が開発者により違ってきます。

これまで詐欺の暗号通貨もありましたが、本物の通貨はどんどん普及にむけて各通貨が力をいれています。

代表的なビットコインは、私は、2016年の暮れに、億万長者で有名なマユヒメさんから教えていただきました。 そのころは、三菱東京UFJ銀行やビックカメラがビットコインに参入するとニュースにもあり、マユヒメさんがそれを踏まえて、ビットコインは将来有望な通貨となるので、全力買いしてくださいね!と勧めてくださいました。 そのころ1ビットコイン9~10万円くらいでした。

2017年の1月から私はビットコイン販売所の口座を開いて買いました。そのとき、1ビットコイン=11万円でしたね。

飛びついたタイミングは本当にグッドタイミングだったのですが、あまり資金が当時なくて、途中で引き出したりしていたので、私はチャンスを生かせませんでしたが・・・2017年の暮れにはビットコインは1ビットコイン=230万円にも高騰し、たくさんの億万長者が生まれ、「億り人」という言葉もそこから誕生しました。
だから2017年は暗号通貨元年ともいわれていました。

なので、マユヒメさんは本当にすごい先見の明があるな~と感心していました。

で、2018年はうってかわって、2017年の暮れに異常な暴騰の利確による売りで、ビットコインも下がり始めますが、それに加えて、ハッキング問題をきっかけに金融規制などがはじまり、市場の不安も影響して、一気にぐわーんと下がりました。 そのため、遅いタイミングで参入した人など(つまり高い値段の時に買ってしまった人)、損をした人がたくさんいる一方で、暗号通貨FXで「空売り」で儲けた人もいるようです。

2018年は、暗号通貨の各開発者たちや創始者たちがハッカーや度重なるトラブルと闘いながら、暗号通貨の普及に明け暮れ、いたちごっこを繰り返すような年となりました。 でも長い目でみると、2017年の異常な暴騰を調整するかのようなチャートラインにはなっています。

そして、2019年の今、ようやく底を打ち始めているので、2019年の春・夏あたりからあがるとみられています。
(ハッキングなど市場で問題が起きたときはまた下がるかもしれないけれど)

そんな中で、まだ闘いの真っ最中の暗号通貨の世界ですが、私個人的には、近い将来、現金はなくなり、デジタル通貨へと世界はシフトしていくと考えています。つまりキャッシュレス化がどんどん進むということです。

音楽や録音の世界でも、レコードからカセットテープへ、カセットテープからCDディスクへ、CDディスクからさらにデジタル化して、いまはネットから音楽をダウンロードできるし、録画データもデジタル化されました。

つまり、物質からデジタル化へと変わっているのです。

法定通貨は外貨同士だと送金に手数料が3000円以上かかってしまうけれど、暗号通貨だと、海外の口座へ送るのに数円から数十円程度で送れてしまいます。

日本ではまだまだ少ないですが、ヨーロッパでは暗号通貨のATMがいっぱいで始めているとのこと。 それも、Bit-Lifeの会社がATMを作り、世界へ出荷しているのです。

今やすべてのコンビニにATMがあるように、そのうちに暗号通貨のATMも皆さんの日常に普通に設置されるようになると思います。

アメリカだと現金で買い物をするより、もっぱらクレジットカードで支払いを済ませることが多いです。すでにキャッシュレス化が進んでいます。その方が安全だからです。

文明はより安全で、より早く、より安く、より便利なものへと移行していきます。

そう考えたら、暗号通貨は淘汰されるのではなくて、これから本格的に世の中の表舞台へでてくると私は見ています。

なので、私は、暗号通貨の可能性が広がる、Bit-Lifeを始めたのです。

Bit-Lifeはビットコインの数自体をアービトラージで増やしてくれる人工知能のプラットフォームなので、今こうして価格の変動が激しい中でも確実にビットコイン数は増えていきますし、これから近い将来、ビットコインが上昇したとき、手持ちのビットコインが増えているととてもいいですよね。

このBit-Life会社は先ほども申し上げたように、暗号通貨のATMも製造して世界へ出荷しています。

Bit-Lifeについては以前、こちらで書かせていただきました。 ぜひお読みください。

そして、マユヒメさんは去年の夏にはRSVという、不動産投資に暗号通貨トークンが組み込まれた新しいプラットフォームの開発にもかかわっていて、私たちにそのシステムを教えてくださいました。
そしたら、2019年の1月17日の日経新聞でも、ニューヨークの不動産が不動産トークン(暗号通貨)を導入したとニュースになり、本当にマユヒメさんは先見の明があると改めて思いました。

【追記 2019/3/23】Bit-Lifeのサービスのなかに、このRSVの不動産暗号通貨トークンも組み込まれることになりました。

こうして少しずつ、この地球で暗号通貨は日常化していくのですね。

この暗号通貨の始まりの時。 何を始めるべきか。

不動産の売買なら皆さんもおわかりだと思いますが、物件が安い時に買って、値段が上がった時に売れば、その差額が利益となりますよね。 始まりのとき、安い時に手掛けたものがのちのちの利益になるわけです。 タイミングが重要です。

値段がうんと上がってから手を出すと損になる可能性も。

だから、今がチャンス。

Bit-Lifeについて知りたいという方は、ウェブでの説明もご紹介が可能ですので、ご連絡ください。 master★naomiangel.info (★を@に)

Please follow and like me フォローといいねをお願いします♪

Naomi Angel

五次元の世界へ飛んでいき、光の世界からビジョンを受け取って、天使やドラゴン、女神、人魚、妖精など、光の世界を描くスピリチュアル・アーティスト。 生まれつき難聴、早稲田大学卒業。 左肩に天使のサインがある。 異次元や天界の美しい、やさしい、そして、カラフルな色彩を表現し、見る人の心を優しい気持ちに、華やかな気分にさせるアートの世界観を持つ。 絵を通して、世界中に天使たちの優しい愛のエネルギーがたくさん溢れるように活動中。 人間がなぜこの地球で生まれて生きていくのか、幸せの法則とはなにか、祈りが届けられるしくみ、引き寄せの法則のしくみ、魂のしくみをつづった、大好評の連載『魂のしくみ』シリーズがリクエストに応えて、書籍化☆2016年2月22日発行、アマゾンで発売中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Enjoy this blog ? Please share ! 楽しんでいただけましたか?ぜひシェアしてください☆

Facebook
Facebook
Google+
http://blog.naomiangel.info">
Twitter
Pinterest
LinkedIn
Instagram