Skip to main content

目に見えない高次元の存在たち その3

前回の「目に見えない高次元の存在たち その2」のつづき

 

私のところにやってきた、七色に光る白い鱗を持った、美しい白いドラゴンは、

私が名前を決めようとあれこれ考えを巡らしていると、「アナン、アナン、アナン・・・」と私の頭にテレパシーを何度も何度も送ってきます。

 

実は、アナンは、私の古代エジプト時代の過去生の時の女性がアナメンシスという名前だったので、そこからアナンがいいかな?と思ったのですが、弟が薦める小説にも「アナン、」という本があり、これに出てくる少年アナンが素晴らしくて、最後号泣すると弟から言われていたので、その小説のアナンが死んじゃったら嫌だなと思って、他の名前にしようと考えていたのです。

そしたら、ずっと私の頭の後ろ側から「アナン、アナン、アナン」と響いてきて・・・(笑)

そんなにアナンがいいの? じゃあ、小説読んでみようかと思い、アマゾンで「アナン、」を検索したら・・・・

 

なんと表紙が龍の絵・・・。

 

これには本当にびっくりしました。

 

「アナン、」飯田譲治 & 梓 河人

すぐさま弟に小説を貸して!と連絡して、読んだら、本当に素晴らしくて、この登場人物の少年アナンが私のところに来てくれたドラゴンと性格がとても似ていて、少年アナンも有名なタイルアーティストとして活躍するし、私のドラゴンも、芸術に長けていて、私の芸術活動をサポートしようとしてくれているということを教えてくれたのでした。

 

しかも、龍が登場します。

 

こんな強烈なサインとシンクロニシティをもらっていて、断るわけにはいかないし、私はあまりのできごとに感動して涙がとまらなくて、

最後の結末まで読む前に、私はANAN(アナン)と名前をつけることにしたのでした。

 

それがANANの命名エピソードです。

 

その弟は、数年後、小説を書きました。 「クリスの物語」 ドラゴンや高次元の世界の話です。

そう、私の体験もその小説に随所にちりばめられています。

本(ペーパーバック)

クリスの物語 過去生の記憶 上巻


クリスの物語 過去生の記憶 下巻

電子図書(Kindle)

クリスの物語: 過去世の記憶

内容紹介
主人公の少年クリスは、ただ名前が日本人らしくないというだけで見た目も中身も純粋な日本人だ。そんなクリスは、田舎のごく普通な家庭で平凡な毎日を送っていた。小学校6年生の秋、マラソン大会の前日に謎の少年と出会うまでは。愛犬の散歩中に突如現れたその少年は、まるでピーター・パンのようにクリスの目の前で宙を舞った。クリスも少年に連れられ、空を舞った。しかし、そんな不思議な出会いもどうやら夢の中の出来事だったようだ。しかし、クリスにはどう考えてもそれが夢だとは思えなかった。夢と現実の区別がつかなくなる主人公。気づいたときには、別の人生を送る自分に意識が移っていた。時代も国も違う世界で自分自身をファロスと名乗り、病に伏した恋人を救うべく奔走する主人公クリス。街で出会った老婆に翻弄されながら、終には地底世界へと足を踏み入れる・・・。数々の過去世療法や、アストラルトラベルの体験談をもとに綴られた壮大なスケールのスピリチュアルファンタジー第1弾上巻。小学校中学年より。

電子図書(Kindle)

クリスの物語Ⅱ クリスタルエレメント

内容紹介

クリスの物語シリーズ待望の第2弾!
前世の記憶を取り戻したクリスのもとに、地底世界のクレアが時を超えやってくる。その目的は、クリスを地底世界へと連れていくために、迎えに来たということだ。聞けば、次元上昇の時期を迎えている今、闇の勢力によってアセンションが阻止され、さらには地球が消滅させられてしまう危機に直面しているという。
それを阻止するために、黒いドラゴンの石を手に入れる必要がある。そして、クリスはその黒いドラゴンの石を手に入れることのできる’選ばれし者’のひとりだというのだ。
にわかには信じられないクリスだったが、そこに居合わせていた幼馴染の沙奈ちゃんにも後押しされ、地底世界へと行くことを決心する。
クレアや、ドラゴンのエランドラに連れられてやってきた地底世界。そこは、夢で見た前世の記憶とまさに同じ進化した文明の世界だった。見る物すべてが輝き、地上では考えられないような設備や道具が揃い、更には魔法の呪文のようなものまで使えるようになるクリス。
地底都市セテオス中央部情報局司令官のソレーテより説明を受けたところ、黒いドラゴンの石、通称’クリスタルエレメント’と呼ばれるものは、5大文明都市と呼ばれる各都市にそれぞれひとつずつ眠っているという。そして、それぞれのクリスタルエレメントを、選ばれし者たちが捜索しに向かっている。そしてクリスたちには、海底都市に眠っているという水のクリスタルエレメントを探し出してほしいといわれ、クリスたち一行は海底都市へ向かうことに。
しかし、海底世界では、海賊たちや闇の勢力が待ち構えていた。果たしてクリスたちは、無事にアクアを手に入れることができるのか―?
壮大な世界を描写するスピリチュアルファンタジー第2弾。
子供から大人まで幅広くお楽しみいただけます。

 

※ 表紙デザインは私が担当しました♪

 

お話はまだまだ続きます。

Please follow and like me フォローといいねをお願いします♪

Naomi Angel

五次元の世界へ飛んでいき、光の世界からビジョンを受け取って、天使やドラゴン、女神、人魚、妖精など、光の世界を描くスピリチュアル・アーティスト。 生まれつき難聴、早稲田大学卒業。 左肩に天使のサインがある。 異次元や天界の美しい、やさしい、そして、カラフルな色彩を表現し、見る人の心を優しい気持ちに、華やかな気分にさせるアートの世界観を持つ。 絵を通して、世界中に天使たちの優しい愛のエネルギーがたくさん溢れるように活動中。 人間がなぜこの地球で生まれて生きていくのか、幸せの法則とはなにか、祈りが届けられるしくみ、引き寄せの法則のしくみ、魂のしくみをつづった、大好評の連載『魂のしくみ』シリーズがリクエストに応えて、書籍化☆2016年2月22日発行、アマゾンで発売中。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Enjoy this blog ? Please share ! 楽しんでいただけましたか?ぜひシェアしてください☆

Facebook
Facebook
Google+
http://blog.naomiangel.info/?p=3932">
Twitter
SHARE
Pinterest
LinkedIn
Instagram