Skip to main content

魂のしくみ2 第10章 美しい笑顔やしぐさは身に着けられる

最初、この記事、美容と健康のカテゴリとして書こうと思ったのですが、

途中から、あ、これ、魂のしくみシリーズにも当てはまるな~と思ったので、魂のしくみシリーズに追加することにしました♪

魂のしくみ第2シリーズ 第10章のお届けです。(シリーズ目次はこちら

 

好評の連載魂のしくみシリーズがリクエストに応えて、待望の書籍化☆2016年2月22日発行!

魂のしくみ – こころがうるおう、やさしいお話 引き寄せの法則を紐解く魔法の本 【ペーパーバック版】

Soul Mechanism Cover4(117)s

魂のしくみ こころがうるおう、やさしいお話 引き寄せの法則を紐解く魔法の本 【Kindle版(電子図書版)】

世の中には笑顔がとっても美しくて素敵な女性、しぐさがとても魅力的な女性がいますよね。  🙂

 

美しい笑顔って、生まれつきだと思いますか? 遺伝だと思いますか?

美しいしぐさって、生まれつきだと思いますか? 遺伝だと思いますか?

 

ぱっとその場を明るく照らしてしまう美しい笑顔も、うっとり見とれてしまう上品な色気が香る美しいしぐさも、

実は、練習して身に着けられるものなんです。

 

というより、美しい笑顔の女性、美しいしぐさの女性は、実は陰で努力をしているのです。

高校のときに米国留学した母に聞いたのですが、アメリカの学校では、マナークラスがあって、

手鏡をもって笑顔の練習をするんだそうです。(いまでもそうするかはちょっとわかりませんが・・)

そして余談ですが、アメリカでは歯並びもとても気を付けます。 少しでも気になる歯並びだと矯正をする傾向があります。

笑顔を見せたときに美しい口元になるようとても気を使っているのですね。

 

どうりで、アメリカやヨーロッパの国々では笑顔がとても輝かしくて素敵な人が多いですよね。

歯も白くてきれいな人が多い。

 

美しいモデルさんや女優さんは全く鏡を見ないで自分の表情やしぐさができていると思いますか?

いえ、皆さんも鏡を見て美しく見える表情や笑顔やしぐさをご自分でとっても研究されているんですよね。

ダンサーもそうですね。

 

ある韓国ドラマで、容姿に自信のない女の子がアイドルを目指すために、

芸能人を育てる高校で、ある先生から美しく変身するための特訓を受けるのですが、

「努力もしないで『私はどうせ美しくない』と嘆くのはただの甘え。美人は努力して築きあげるものなの。」

という内容のことばを先生がその生徒になげかけるのです。

うーん、その通りだとおもう!と私は思いました。

 

 

もちろん人生が楽しくて愉快なときは人は笑顔になりますから、楽しい時をたくさん過ごしていると笑顔が増えるし、

素敵な笑顔になっていくのも確かです。

 

でも、笑う門には福来るっていうでしょ?

 

笑顔を磨いて、笑顔でいるようにこころがけると幸福がやってくる、運がめぐってくるんですよね。

 

現状に不満があると、ついつい、眉間にしわよせて口角が下がっていきますが、それがずっと重なると、年を重ねたときに、

その表情が癖になって、そういう筋肉が出来上がってしまって、気づいたら、不幸そうな、不機嫌そうな、貧相になってしまうのです。

笑顔が福を呼ぶということを知らない、あるいは知ってても無視していた結果、そうなっていってしまうのです。

 

20代までは若さで美しくいられますが、30代からだんだんと心の状態がその人の顏を創っていって、

40代、50代と重ねていくうちに、あ、この人はどんな人生を送ってきたのかな? というのが一目でわかるような表情や顏に創られていくんですよね。

50代、60代、それ以降は、心が顔に、人生が顔に現れてくるのです。

 

だから、いつも笑顔で、口角をあげるように意識したり、こころがけをよくして人生を歩んでいくと、それがあなたの人相になっていきます。

 

おっと、話がそれてしまいました。

 

今日は実は、美しい笑顔やしぐさは、練習次第では作れるという話をしたかったんです。

 

というより、美しい魅力的な女性のほとんどは、鏡で自分の表情をよく研究しています。 どんなふうに笑ったら自分が魅力的になるか、よく鏡でチェックされているんです。

 

私もよく、恩師や皆さんから、笑顔が素敵、天真爛漫な笑顔だと言ってくださり、とってもありがたいと思っています。

こんな私もなんちゃって実は、笑顔を研究して練習した一人です。

 

プロダンサーの従妹も、舞台で最高の笑顔になるように、またいろんなシーンでの心情を表現できるように、鏡を見て表情の練習をしています。

 

その従妹と私や妹がかつて群馬県の沼田市での踊り子隊たちを育てるときにも、踊りを教えただけでなく、笑顔の練習もするようにと厳しく教えたこともありました。 鏡をしょっちゅう見て笑顔の練習をしてね、と宿題を毎回だしました。

 

踊りは美しさをお客様に提供するお仕事ですから。

笑顔は踊りに美しさと華やかさとやさしさ、楽しさを添えてくれるのです。

 

さて、私の話にもどりますが、

私は実は、自分にとても自信がなかった子ども時代を送っていました。

魂のしくみという書籍でもあとがきに書いているとおり、生まれつき難聴で、仲間外れにされたこともありましたし、

男子には「お前はしゃべるな、気持ち悪い」とショッキングなことも言われたこともありましたし、

母には補聴器が見えないように髪を降ろして耳を隠しなさい、と言われていましたし、それが余計に自分の自信を奪っていて・・・

もう、ものごごろついたときから中学校まで本当に私は根暗で、暗い顏してて、笑顔で映っている写真がほとんどなくて、

中学校の写真だったかな、目がきつくて、表情が暗くて、それを高校の時に幼稚園と日曜教会学校で一緒だった親友と再会したときに、その写真を見て「別人みたい、なおちゃんじゃないみたい」と言われたことがありました。 私も自分で見ても、幸せそうじゃないし、まるで幸せなんて存在しないと疑念を抱いているような表情をしているなと思いました。

それもそのはず、ものごごろついたときから中学校まで、私の人生に色をつけるとしたら、灰色、がぴったりでしたから。

表情も灰色でした。

きょうだいやいとこと遊んだり、教会学校で演劇しているときや、絵を描いているときは楽しかったんですけど・・・思い返しても学校生活は楽しくなくて灰色でした。 本当に灰色がぴったり・・。

 

私が自分を変えたのは高校に入学するとき。

 

高校は学区外の進学校へ合格したので、小学校・中学校の時の知り合いがたった一人だけだったので、私を知っている人がほとんどいない環境で自分が変われるチャンスだと思ったのでした。

 

耳を隠して髪を一生おろして、ポニーテールもできない、おしゃれもできないなんていやだと思って、自分を隠すのはやめようと、入学式からありのままの自分を見せていこうと、入学式にポニーテールをしていきました。 学校にポニーテールしていったのは人生で初めてのことでした。

信じられますか?(笑) それまでポニーテールが公でできなかったんですよ、私は。(笑)

ポニーテールをしていったとき、とてもどきどきしたのを覚えています。

でも、爽快だった。 自分が自分を変えた瞬間。 勇気を出して一歩踏み出した瞬間。 生まれ変わったような気分でした。

 

だれもわたしの補聴器のこと言ってきませんでした。 そっとしておいてくれたし、他の子となんら変わらず接してくれました。

 

(数年後大学卒業するころ、妹が話してくれましたが、当時、母は「Naomi が入学式でポニーテールをしていったの・・・」と妹に言って号泣したんですって(笑) 母なりに心配していただろうし、勇気を出した私の姿を見てなんともいえず泣けてきたようで・・)

 

そのころからですね、自分が写真映るときの表情を気にし始めたのは。 笑顔で映れるようにひそかに笑顔の練習をしました。

 

大学は都会の大学に入学したので、都会の綺麗な女性たちに感化されて、おしゃれも研究して、もっと自分を魅力的に、かわいく見える方法、スタイルよく見える方法、ひそかに研究しました。 そのころの愛読雑誌は、Cancanでした(笑)

CanCanはどのアイテムがスタイルがよく見えるかなど、身長別に具体的にアドバイスもしてくれていたのもよかったです。

25ans(ヴァンサンカン)は母の愛読雑誌だったので、実家でよく見ていました。

 

Cancanのモデルたちがかわいくて大好きでした。 彼女たちの笑顔やしぐさなどにあこがれて、自分も近づけるようにって鏡に向かってよく練習していました。

しぐさってとっても重要ポイントで、しぐさだけで、女性って上品でセクシーでかわいくて、女性らしくて、魅力的な女性になれるんですよね~。

 

 

あとね、女を磨くのは、やっぱり恋ですよね。(笑)

 

私は実は、大学1年の時に3つ上の先輩を大好きになって、片思いだったのですが、わかれた彼女とよりを戻したと聞いて失恋したときは、本当に落ち込んで、でも、あるとき綺麗な女性が先輩と話しているのを見たときに(彼女さんとは別の女性で、単純にその女性が先輩を気に入って話しかけていたのだと思います)、その大人っぽい綺麗な女性を見て、それに対しての先輩の反応を見ていて、私ってぜんぜん子どもっぽいな~、あか抜けてないな・・って思って・・

失恋をしたときに、その女性を超えるくらいの魅力的な美しい女性になろうって心ひそかに思っていたんですよね。(笑)

 

で、当時の私は、先輩が大好きすぎて、普通に話せないくらい緊張してしまって(笑)、とんでもないことを口走ったりして(笑)、失敗だらけだったので、釣り合うはずもなく・・(笑)

 

だから、私はその失恋からかなり自分を磨きました。 自分を魅力的に見せる美しい笑顔、お化粧、ファッション、しぐさ、しゃべり方、いまだから言えるけど、本当に研究しました。(笑)

 

いつか、先輩にあれ?綺麗になった?って思ってもらえるくらいに綺麗になろうって。(笑)

 

そうそう、踊りを指導した後輩の踊り子たちも、高校生の時は男の子みたいだったのが、高校卒業して大人の恋を経験したからか、本当に同一人物なの?って思うくらい人間も変わってしまうほど美しい大人に成長した子がいっぱい。

 

恋のパワーってすごいですよね~。(笑)

 

とまあ、こんな感じで、自分を女子力を磨いていった結果、いつのまにか自信がついてきたんですよね。

 

そして、あれだけ緊張して話もできなかった先輩とは対等に(?)リラックスして普通に話せるようになって・・(笑) その時は自分でも変わったな~って思いました。(笑)

部活の男子の後輩たちにも、部活を引退して歓送会の合宿のときに、「先輩(私のこと)はおしゃれで先輩が道場に現れるとその場が明るくなるので、まるで太陽のような存在でした」と言ってもらえて、あれ、私、いつのまにこんな風に言ってもらえるようになったんだ~と思いました。幼少時代の私とは大違いですよね。(ありがとう、みんな)

 

鏡を見ながら自分が魅力的に見える表情や笑顔を練習すると、それが自然に自分のものになっていくんですよね。

何回も何回も練習すると、鏡を見なくてもできるようになっていく。

そして、だんだんとそれが「自分」になっていく。

 

 

で、笑顔のときに使う筋肉って、普段から笑顔でないと身に付かないから、急につくれるものではないんですよね。

積み重ねてできてくるもので、それが天真爛漫な笑顔に創り上げていくものなんです。

普段から不愛想な人が急に笑顔を見せても、そんなに口は大きく開かないし、口角をあげられないと思う。

小さめの笑顔ですよね。 遠慮がちにそっとほほ笑む感じだと思いませんか。 もちろんそれも魅力的な笑顔ですけどね。 😉

天真爛漫な笑顔は普段からよく笑うから創り上げられているんです。 😀

 

 

アメリカでは笑顔を鏡で練習するくらいです。

だから、鏡を見て笑顔の練習をして最高の美しい天真爛漫な笑顔を身に付けちゃいましょう♪

 

スポーツと一緒で、練習が必要。

そして、魅力的な美しい笑顔に大事なのは心。

心からありがたる。 心からいつくしむ。 こころから幸せを感じる。

それが、作り笑いではなくて、偽りの笑顔ではなくて、本当に心からほほ笑んでいるというのが伝わるほど、

エネルギーを伴って、美しい笑顔になっていくんです。

しぐさもそう。 こころをこめた所作って、優しい華やかな上品な波動と雰囲気を放ちますよね。

 

笑顔は幸運をも引き寄せます。

面接でも、笑顔な人はやはり魅力的に感じられて採用者に好印象を与えますよね。

初対面でも笑顔な人だとこころがほっとしますよね。

 

男性も、笑顔が素敵な人にひかれるという人が本当に多いです。 素敵な笑顔に恋に落ちるんです。

(私の彼も、私の笑顔が好きだと言ってくれました♪ (笑) ←すみません・・・わざわざ言わなくてよかったですかね(笑))

 

素敵な恋愛も素敵な仕事も金運もゲットできちゃう。

 

これは皆さん、やったほうがいいでしょう?(笑)

 

女性向けにお話をしましたが、笑顔は男性でも仕事運、素敵なご縁をつくれる強力な武器です。

ぜひ男性も鏡で魅力的な笑顔を練習してくださいね♪

 

ちなみに、私の理想の男性のポイントのひとつは、笑顔が素敵なこと。(笑)

キラキラ素敵な笑顔がたまらなく大好きです。(笑)

一緒にいてとても幸せな気持になります。 きっと男性が素敵な笑顔の女性と一緒にいると幸せな気持になるってこういう気持ちなんだろうな~って思います。

笑顔が素敵な人って、心がけも前向きで親切で素敵な人が多いから、だからなんでしょうね。 とても惹かれます。

 

笑顔って、光の泡がぱああああ~っと周りに広がるようなオーラのエネルギーを持っているから、きっとそばにいる人もそのエネルギーに触れて幸せな気分になるし、その場が明るくなったような感じがするんでしょうね。

 

私なんかどうせ・・・ってあきらめないで。

美しさは努力で築けるものなのです。

 

最近、そのときほど笑顔やしぐさを意識してないから、これを機にまたレッスンしてブラッシュアップしなおそうかな?(笑) 座った時に足をそろえる、写真撮影のときに足をそろえる、綺麗に見えるポージングなどこれを練習しようかしら。。。

笑顔もまたさらに磨いて福を呼ぼう♪

Please follow and like me フォローといいねをお願いします♪

Naomi Angel

五次元の世界へ飛んでいき、光の世界からビジョンを受け取って、天使やドラゴン、女神、人魚、妖精など、光の世界を描くスピリチュアル・アーティスト。 生まれつき難聴、早稲田大学卒業。 左肩に天使のサインがある。 異次元や天界の美しい、やさしい、そして、カラフルな色彩を表現し、見る人の心を優しい気持ちに、華やかな気分にさせるアートの世界観を持つ。 絵を通して、世界中に天使たちの優しい愛のエネルギーがたくさん溢れるように活動中。 人間がなぜこの地球で生まれて生きていくのか、幸せの法則とはなにか、祈りが届けられるしくみ、引き寄せの法則のしくみ、魂のしくみをつづった、大好評の連載『魂のしくみ』シリーズがリクエストに応えて、書籍化☆2016年2月22日発行、アマゾンで発売中。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Enjoy this blog ? Please share ! 楽しんでいただけましたか?ぜひシェアしてください☆

Facebook
Facebook
Google+
http://blog.naomiangel.info/?p=3637">
Twitter
SHARE
Pinterest
LinkedIn
Instagram