Skip to main content

若々しい美肌と体の香りと健康のために アボカド・フローズン

最近ハマってヘビロテしている手作りデザート。

 

それは、「アボカド・フローズン」

 

(白玉だんご添えてます)

 

ビタミンEが豊富なアボカド、キウイ、バナナ、豆乳、ビタミンCの豊富なレモンがはいっています。

 

「たけしの家庭の医学」という番組で、加齢臭をとるためのデザートとして紹介されたレシピです。

 

加齢臭をとるには、ビタミンEをたくさんとるといいらしくて、それで料理研究家の奥園さんが編み出したレシピです。

(番組では、3種類のデザートを紹介していましたが、それを5日間毎日毎食後とるだけで加齢臭が改善されたというすごい効果が出ていました。)

奥園さん、本当に素晴らしい。 尊敬。

 

ビタミンEといえば、アンチエイジング、美肌にもいいとよく言われているので、さっそく私もこのアボカド・フローズンを作って食べました。

 

おいしくてやみつきになるので、このレシピが紹介されてからずっと切らさずにつくって食べているくらいです・・。

 

そしたら、なんかお肌にハリが出てきたかんじ、リフトアップしてるのか、ぴーんと張ってきたかんじがします。

肌も綺麗に若返ってきているような感じ。

ビタミンEの効果には、体内の脂質が酸化するのを防ぐ働きがあるらしいです。 なるほど、だから加齢臭をなくすと言われているんですね。

そして、血管の健康を保ち、血流をよくするので、新陳代謝がよくなり、お肌が綺麗になり、シミ・くすみ・たるみができにくい健康的な肌をつくるそうです。

だからなんですね~。なんとなーく、シミも薄くなってきたような・・・(いえ、もちろん、当肌比較です。まだこれからこれから)

ハリも出てきたから、コラーゲンも再生してくれてるのかな??

私はサキナのホームエステマシンを使っているので、最近また毎日お手入れをするようになったので、こちらとの相乗効果もあるようですが、ビタミンEを積極的に摂り始めてから、あきらかな違いを感じています。 食べ物って大事。 地球には本当に必要なものが揃っている。

 

ビタミンEの効果には下記のとおり、たくさんあります。

★抗酸化作用
ビタミンEは脂溶性のため細胞膜や血中脂質が活性酸素により酸化されるのを防ぐ働きがあります。活性酸素により細胞が酸化されてしまうことが老化や生活習慣病の根本的な原因となります。

★血管の健康を保つ
血中のコレステロールが活性酸素により酸化して血管壁にくっついてしまうのが動脈硬化の原因です。ビタミンEはコレステロールが酸化されるのを防ぐ働きがあります。

★毛細血管の血流を良くする
ビタミンEには毛細血管の血行をよくする働きがあります。そのため冷え性や肩こりなど、血流が悪いことで起きてしまう症状に効果的です。

★肌荒れの予防や改善
ビタミンEが毛細血管を拡張することにより、肌の隅々まで血液が巡回し肌荒れを予防します

★前立腺ガンや胃ガンの予防
ビタミンEの前立腺ガンや胃ガンの予防効果を示唆するデータがあります。

★コレステロール値を下げる効果
ビタミンEにはLDLコレステロール値を下げ、HDL(善玉)コレステロール値を上げる効果があります。コレステロール値低下作用はビタミンEの中でもトコトリエノールで確認されています。

出典: ビタミンEの効果と効能

 

美容と健康に様々な効果をもたらすビタミンの中でも老化を防ぐ抗酸化作用が最も強く、別名「若返りのビタミン」と言われるほど高いアンチエイジング効果が期待できる栄養素です。
ビタミンEをはじめ、活性酸素を分解するビタミンC、活性酸素の酸化反応を抑えるビタミンA(βカロテン)の3つには「抗酸化ビタミン」という名が付けられています。
本来、活性酸素というのは栄養素をエネルギーへと変えるために必要なものですが、大量発生すると細胞を酸化させ、老化を早めてしまう厄介な物質。
細胞が老化すると、シミ・シワ・くすみといった肌の老化が進むだけでなく病気のリスクが高くなり、生活習慣病の90%は活性酸素が原因とも言われています。
これらを未然に防いで健康な肌と体を守ってくれるのが抗酸化ビタミンであり、他の2つと比べても、ビタミンEの抗酸化力はトップクラス!これが、ビタミンEが「若返りのビタミン」と言われている理由です。

(中略)

ビタミンEの最大の働きは、酸化から体を守る抗酸化作用です。
体内の細胞を覆っている細胞膜はビタミンEと不飽和脂肪酸からできており、この不飽和脂肪酸は細胞を保護する重要な役割を担っていながら酸化されやすいという弱点があります。
過剰な活性酸素によって不飽和脂肪酸が酸化されると過酸化脂質という物質に変化し、本来は細胞を守るはずが細胞を傷つけ、老化や病気の原因を作り出してしまうのです。
加齢による肌トラブルも、活性酸素による肌細胞の酸化が原因の一つ。
そうならないように、ビタミンEは自らを活性酸素に酸化させることで不飽和脂肪酸の酸化を防ぎ、正常な細胞を維持しています。
この抗酸化作用は細胞に限らず、血液にも働きかけます。
血液成分を酸化から守ることで血管の内壁を丈夫に保ち、全身の血流をスムーズに促しています。
特に、活性酸素による悪玉コレステロールの酸化は血管を傷つけ動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病を引き起こすのですが、ビタミンEを十分に摂っていれば、こういった病気を予防できるようになります。
また、血行が良くなるということは皮膚の新陳代謝も良くなり、美肌効果に。
脳内の血行が良くなれば自律神経の中枢部分の働きが活発になり、性ホルモンバランスが整えられて生殖機能の維持・改善につながります。
ビタミンEが不足すると、細胞膜が弱まって全身の血行が悪くなるため動脈硬化などの生活習慣病やガン、不妊症、溶血性貧血、神経障害、肌のシミやくすみ、肩こりや冷えを起こしやすくなります。
脂溶性ビタミンの中では過剰症の心配も少ないので、積極的に摂ることをおすすめします。

 

出典: ビタミンの効果・効能

 

シミ・くすみ・たるみができにくい健康的な肌づくりの効果があり、しかも、ガン予防にもなり、不妊症や貧血の対策にもなるなんて、素晴らしい。

 

アボカド・フローズンの作り方は簡単。

 

★アボカド・フローズンの作り方 (3食分)

 

アボカド2個

バナナ1本

キウイ2個

調整豆乳 200ml

はちみつ おおさじ2

レモン汁 1個分

べに花油 (オリーブオイルorえごまオイルでも効果あり) 大さじ1

 

1. アボカドは果肉をくりぬき、バナナ・キウイとともにジッパー付き袋にいれて、袋の上から揉んでつぶす。

2. Bを入れて混ぜたら、袋全体を平らにしてジッパーの口を閉じ、冷蔵庫で3時間凍らせる。

 

これだけです。 食べるときに、割って、器に載せていただきます。 平らにすることで割りやすくなります。

 

アボカド、バナナ、キウイ、調整豆乳はビタミンEが豊富な食材。 また、ビタミンEは脂に溶けやすいため、少量の油分とともに接種すると体内への吸収がアップし、細胞に届きやすくなります。 特にべに油はビタミンEが豊富。

 

幻想的なスピリチュアル・アート 原画販売しています♪ 見てみてくださいね♪

Please follow and like me フォローといいねをお願いします♪

Naomi Angel

五次元の世界へ飛んでいき、光の世界からビジョンを受け取って、天使やドラゴン、女神、人魚、妖精など、光の世界を描くスピリチュアル・アーティスト。 生まれつき難聴、早稲田大学卒業。 左肩に天使のサインがある。 異次元や天界の美しい、やさしい、そして、カラフルな色彩を表現し、見る人の心を優しい気持ちに、華やかな気分にさせるアートの世界観を持つ。 絵を通して、世界中に天使たちの優しい愛のエネルギーがたくさん溢れるように活動中。 人間がなぜこの地球で生まれて生きていくのか、幸せの法則とはなにか、祈りが届けられるしくみ、引き寄せの法則のしくみ、魂のしくみをつづった、大好評の連載『魂のしくみ』シリーズがリクエストに応えて、書籍化☆2016年2月22日発行、アマゾンで発売中。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Enjoy this blog ? Please share ! 楽しんでいただけましたか?ぜひシェアしてください☆

Facebook
Facebook
Google+
http://blog.naomiangel.info/?p=3353">
Twitter
SHARE
Pinterest
LinkedIn
Instagram