Skip to main content

日本国内の毛皮農場がゼロに! 私たちができること

とうとう! 日本でも国内の毛皮農場が全て閉鎖したそうです!
かつて国内には4000近く毛皮農場があったらしく、2012年からは新潟県にある「大塚ミンクファーム」だけが運営を続けていたそうで・・・
4000もあったんですね・・・・ びっくり。
工場ではなくて飼育のほうの農場ってことですかね。
 
お仕事がなくなってしまった方には申し訳ないのですが、でも、たかがファッションのためにだけに残虐な方法で毛皮をはがされる動物たちのことを考えたら、他の仕事を選んでいただいて地球にやさしい人類になっていってほしいですものね・・・
そうして最後の大塚ミンクファームが閉鎖したようです。
 
イギリスでは2000年にすでに毛皮工場を廃止と毛皮動物の飼育の禁止を法律で決めてかなり早くに毛皮工場全面廃止が実現しました。その背景には実は消費者の事実を知ろうとした行為と不買運動によって実現したのでした。
 
日本でもようやく16年後にそれが達成されたわけです。
あとはデパートなどに立ち並ぶ毛皮のファッションがなくなっていくといいですね。輸入しない、という方向へ持っていければと思っています。
 
私たちの不買運動という行動ひとつで本当に世の中が変えられるんですね。
 
犬猫殺処分ゼロも日本もまだまだ課題がありますが、達成できるといいなと思います。
以下 Yahoo ニュースから抜粋

NPO法人アニマルライツセンター(東京・渋谷)は11月25日、国内の毛皮農場がすべて閉鎖したと発表した。かつて国内には4000近く毛皮農場があったが、2012年からは新潟県にある「大塚ミンクファーム」だけが運営を続けていた。このほど、同農場が閉鎖したことが確認された。閉鎖に追い込まれた背景には、エシカルな製品を求める消費者の存在があった。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

「飼育されていたミンクは暑さの中で、息も絶え絶えとなり、荒い息をし、全く動かなくなっていた個体もいた。藻が生え、泥が溜まり、空になった水受けを必死で舐めようとしていた」――。アニマルライツセンターのスタッフは、大塚ミンクファームを視察したときの様子をこう話した。

毛皮農場では、動物たちの毛皮を取るために、残虐な方法で殺処分が行われている。動物たちの毛皮を傷つけないようにするため、ガス殺や肛門からの感電殺などの方法で殺される。さらに、毛皮の生産をするさいに、多量の化学物質を使用するため、高い環境コストや消費者の健康リスクも伴っていた。

大塚ミンクファームは2012年まで、ミンクにとって逃走が容易な構造の飼育施設(3棟)で約2,500頭を飼育する中規模農場だった。2006年、アメリカミンクは外来生物法(特定外来生物による生態系などに係る被害の防止に関する法律)で特定外来生物に指定され、飼育することが原則不可能とされていた。

大塚ミンクファームは無許可飼育を継続していたため、同団体が告発し、2014年2月に書類送検されていた。しかし、大塚ミンクファーム側は「法規制を知らなかったため」という理由で不起訴処分とされ、2015年4月には施設を補修し、飼育を継続していた。

毎年春にミンクを繁殖させ、冬に屠殺し、毛皮を生産・販売する行為を繰り返していた。

同団体では大塚ミンクファームと対話を繰り返し、2015年5月の対話では、「動物福祉への配慮が求められる中で、ミンクの飼育継続は以前のように容易ではなくなり、長くは続けられないだろう」と、閉鎖を考えている発言を確認していた。このほど、一般消費者からの問い合わせにより、大塚ミンクファームが閉鎖したことが分かった。

2015年、日本の毛皮消費のために犠牲になった動物数は約167万頭(「財務省輸入統計」に基づくアニマルライツセンターの推計値 毛皮付き衣料や帽子を含む・毛皮付き靴を含まない)。日本の毛皮付き衣料品の輸入量は、2006年をピークに年々減少しており、今年は2006年と比較すると80%減少している。

2015年には、「HUGO BOSS」や「アシックス」、「マッシュホールディングス」が、2016年3月には「ジョルジオ・アルマーニ」が毛皮使用の廃止を宣言した。国内では2014年、「アースミュージックアンドエコロジー」が、それ以前から「ユニクロ」、「無印良品」も毛皮製品を取り扱わないことを確約している。

国内外の著名アパレル企業が、毛皮を販売しないと表明した背景について、同団体の岡田千尋代表は、「ファッションのために、動物の命を犠牲にする毛皮は必要ないというエシカル消費者が増えたことで、毛皮製品への反対世論が形成された」と話す。

Please follow and like me フォローといいねをお願いします♪

Naomi Angel

五次元の世界へ飛んでいき、光の世界からビジョンを受け取って、天使やドラゴン、女神、人魚、妖精など、光の世界を描くスピリチュアル・アーティスト。 生まれつき難聴、早稲田大学卒業。 左肩に天使のサインがある。 異次元や天界の美しい、やさしい、そして、カラフルな色彩を表現し、見る人の心を優しい気持ちに、華やかな気分にさせるアートの世界観を持つ。 絵を通して、世界中に天使たちの優しい愛のエネルギーがたくさん溢れるように活動中。 人間がなぜこの地球で生まれて生きていくのか、幸せの法則とはなにか、祈りが届けられるしくみ、引き寄せの法則のしくみ、魂のしくみをつづった、大好評の連載『魂のしくみ』シリーズがリクエストに応えて、書籍化☆2016年2月22日発行、アマゾンで発売中。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Enjoy this blog ? Please share ! 楽しんでいただけましたか?ぜひシェアしてください☆

Facebook
Facebook
Google+
http://blog.naomiangel.info/?p=2420">
Twitter
SHARE
Pinterest
LinkedIn
Instagram